吉田けい子の青空ネット~いつもココロに青空を。LOVE&blueSKY~ aozoranet.exblog.jp

岩手県議会議員吉田けい子公式blog。〜岩手の未来を私たちの手で〜持続可能な社会創り。森とトレイルと馬っこと猛禽類が大好き。特技わんこそば最高130杯。いつもココロに青空を。LOVE&blueSKY


by aozora-keiko
プロフィールを見る
画像一覧

子ども達一人ひとりは社会の未来、だからこそまずは一人ひとりのママを救うために出来ること〜産前産後ケア〜

今年度初・岩手県の委託事業の一環として実現!

子ども達一人ひとりは社会の未来、だからこそまずは一人ひとりのママを救うために出来ること(^-^)

〜妊産婦の自殺が多い現状も知ってもらいたい〜


「産前産後ケア」の重要性を訴えている中での一つの成果として、岩手県からの業務委託として、今年度初めて岩手県助産師会さん主催により、『「産前産後ケア事業」等コーディネート業務委託にかかる研修会」』をまずは開催することが出来ました!
まずは、岩手県内各地の助産師の皆さんに、今なぜ「産前産後ケア」が必要なのか、他県での産前産後ケアの実例を改めて学んで頂き、『ならば私たちもやってみたい!どうすれば良いのかしら!』と思って頂けることからのスタートです。

私も先日12月10日(日)の研修会に参加させて頂きました。


とも子助産院院長(仙台市)で助産師の伊藤朋子さんから『開業助産師が実践する切れ目のない母子支援活動』について、また、福島県助産師会理事の石田登喜子さんから「福島県助産師会が推進する地域ぼし保健活動の実際」についてご講演を頂き、宮城県や福島県での取り組み事例から、今後の岩手県でも実践できそうな次へ繋がるヒントを改めてたくさん頂きました。


・ママを大事にすることが赤ちゃん子どもを大事にすることにつながる。とにかくママを大事にした支援策を考えること!
・産後うつのリスクは誰にでもあること。鬱の治療を受けている人はごく一部だけど、潜在的には誰もが抱えている。
・生活技術が未熟なまま、出産後の生活がイメージできないまま、妊娠・出産・育児をしている母親・父親が多い。
・母親の身体的回復が不十分なまま、授乳や育児技術の修得が不十分なまま、退院している母子が多い。
・乳房の変化や、子どもの成長・発達に対する知識が不足。
・リスク(身体的・心理的・社会的)の有無に関わらず、産後の母親の不安やストレスは大きい。
・産後の母子を支える家族の支援力も弱まっている。
・母乳育児支援の重要性。

b0199244_18184994.jpg

また、今年2017年から死因統計(人口動態統計)が変わり、これにより、これまでは「妊産婦死亡」に含まれていなかった「産後うつ」や精神疾患などによる「自殺」等も「妊産婦死亡」としてカウントされるようになりました(*)。

日本の若い女性の死因の上位は何だか知っていますか?
20代 1位自殺
30代 1位がん、2位自殺
となっていて、自殺が多いこと、そしてその自殺には産後うつの自殺も少なくありません。
その実態が今年からはしっかり数字として捉えることが可能になり、産後うつによる自殺等への支援策を講じる上では良いことですが、若い女性の産後うつなどによる自殺も多いという現実は大変ショッキングなことであります。。


東京都監察医務院の中間報告によれば、2005年〜2014年の10年間の東京23区内の妊産婦の異常死89例のうち63例が自殺だったそうです。
その63例の内訳は、妊婦が23例(精神疾患疑い40%)、産褥婦が40例(精神疾患疑い50%)です。
なんとか自殺はとどまったとしても、愛着形成不全のため、その後の乳児の虐待へとつながるケースも増えています。


この講演会から
・産院退院後〜1ヶ月検診等の検診の助成のあり方
・早産児、多胎児の家族のためのケア
・産後2ヶ月未満の母児の居場所
・家事サポートと上の子のフォロー
などについて、さらに勉強したいと思っています。


一人でも多くのママを救うために、「産前産後ケア」の取り組みを引き続き頑張って行きたいと思います。


(*)日本では、2016年までは交通事故あるいは自殺は除外規定である「不慮又は偶発の原因」と考えられ、妊産婦死亡、後発妊産婦死亡ではないと判断されていました。しかし、英国その他の諸外国では以前から妊娠・分娩・育児により起こった精神疾患による自殺は妊産婦死亡であるとされ、国際的に妊産婦死亡の解釈に相違がありました。

b0199244_18183973.jpg
講師の伊藤朋子さん(左下)@とも子助産院
b0199244_18190047.jpg

母乳相談が多いことを受け、毛糸のおっぱいプロジェクトの活動をされているとも子助産院。



[PR]
by aozora-keiko | 2017-12-18 18:26