吉田けい子の青空ネット~いつもココロに青空を。LOVE&blueSKY~ aozoranet.exblog.jp

岩手県議会議員吉田けい子公式blog。〜岩手の未来を私たちの手で〜持続可能な社会創り。森とトレイルと馬っこと猛禽類が大好き。特技わんこそば最高130杯。いつもココロに青空を。LOVE&blueSKY


by aozora-keiko
プロフィールを見る
画像一覧

2017年 03月 28日 ( 1 )

2月議会で課題を指摘した『高濃度乳房』。
『乳がん』に対する予防医学・早期発見早期治療について県民の皆さんにもっと知って貰うための行政の取り組みを工夫していきたい。

以下、今日3月28日の読売新聞。 
http://sp.yomiuri.co.jp/national/20170328-OYT1T50071.html
 乳がん検診のマンモグラフィーで異常が見えにくい「高濃度乳房」の問題で、厚生労働省は27日、自治体の通知に関する初の全国調査結果を公表した。

 約1700市区町村のうち、乳房のタイプを通知しているのは230自治体で、通知予定の115自治体と合わせて2割が対策に動いていた。同省は今後、適切な通知法の検討を始める方針だ。

 高濃度乳房は、乳腺組織の密度が高いために乳房全体が白く写り、乳がんが見えにくい。このため、この乳房の場合、受診者に通知すべきだとの指摘があがっていた。

 同日開かれた「がん検診のあり方検討会」で報告された。「通知」2割という結果について、同省の担当者は「低い数字ではない」と説明した。

 一方、高濃度の受診者にマンモの弱点を補う超音波検査があると補足して伝えるなど、その後の対処法を示す自治体は半数にとどまり、情報提供の方法など課題も浮き彫りとなった。

[PR]
by aozora-keiko | 2017-03-28 15:21