吉田けい子の青空ネット~いつもココロに青空を。LOVE&blueSKY~ aozoranet.exblog.jp

岩手県議会議員吉田けい子公式blog。〜岩手の未来を私たちの手で〜持続可能な社会創り。森とトレイルと馬っこと猛禽類が大好き。特技わんこそば最高130杯。いつもココロに青空を。LOVE&blueSKY


by aozora-keiko
プロフィールを見る
画像一覧

<   2013年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

30代政治・経済

香川県高松市からおはようございます(^-^)/
岩手県文化芸術振興議連で香川県に来ています。
昨日は一日移動でした。。汗

瀬戸内国際芸術祭2013
http://setouchi-artfest.jp/
3年前に第1回目を向かえ、今年2回目。
3年毎に開催される事になっています。

昨日は、香川県瀬戸内国際芸術祭推進室室長補佐さん他担当の方々にご説明を頂きました。

『島々が持つ魅力とアートを掛け合わせ、瀬戸内海の島と海の魅力を世界に向けて発信し、「地域の活性化」と「海の復権」を目指す』ことを目的に開催されています。

直島(人口約3,300人)、豊島(人口約1,000人)、女木島(人口約170人)、男木島(人口約160人)など、この島々でも過疎や人口減少が続いています。(cf:小豆島人口約3万人)
この芸術祭は、「現代アートの祭典」ですが、本来の目的は、「交流人口の拡大」
それを結果として現れているのが素晴らしいなあと思うのが、
今年の春開催、夏開催ともに、
参加者の半数を20代、30代が占めていて、10代〜40代が8割、
参加者の7割が女性となっています。



若手芸術家を県内に招致するために、「アーティストインレジデンス(各種の芸術制作を行う人物を一定期間ある土地に招聘し、その土地に滞在しながらの作品制作を行わせる事業のこと)を取り入れたり、
例)小豆島の場合http://www.town.shodoshima.lg.jp/kakuka/shakai_kyouiku/shodoshima-air.html
子ども達に小さい頃から芸術に触れる機会を増やそう!ということで、小学生と中学生のいる全世帯に無料パスポートを配付したそうです。

この芸術祭を始めたきっかけは、直島にあるベネッセハウスミュージアムが出来た事をきっかけに、次が重要なんですが!、平成16年に香川県庁内にて若手職員による研究発表会での提案により実現したそうです!
一般企業だとよくある社内コンペのような取り組みですよね、こういうものがあると県庁職員さんもやる気が出ていいのではと思います。
前増田知事の頃はそういうのがあったと聞いています、ぜひ岩手県もやって欲しいですね!

岩手でも、芸術やアート、デザインといったものをもっと取り入れて、地域活性化や交流人口の拡大に繋げていきたいです!!

「芸術文化」や「アート」というのは、県政課題からはどうしても後回しになり、また予算配分も少ないのが現状です。
しかし、ヨーロッパなど海外は、昔ながらの伝統文化はもちろんアートにお金をかけます。
大量生産大量消費ではなく、「岩手」や「岩手らしさ」という「個性」を一つ一つ大切にすべき。

今日はこれから男木島と女木島へ行ってきます!

昨日は移動の途中で、明石海峡大橋を通りました。
b0199244_7214251.jpg

デザインの可愛い1食分の讃岐うどん(若者、女性ターゲットに参考にしたい!)
b0199244_7215858.jpg

デザインって大事ですよね!

ちなみに、岩手県はこの四国4県と同じ大きさです。。(^w^)
岩手県って本当に大きいです。。
[PR]
by aozora-keiko | 2013-10-29 07:23
30代政治・経済

来月の「けい子の青空サロン」のテーマについて改めてご案内致します。

第19回けい子の青空サロン

【今回のテーマ】
女性の視点とグローカルな視点 
〜女性の生活向上支援ボランティア体験in南米ボリビアから〜
*グローカルとは・・・
「地球規模で考えながら、自分の地域で活動する」(Think globally, act locally.)


2003年〜2005年の2年間、青年海外協力隊の村落開発普及員として、南米ボリビアのトラタ村役場に勤務。
人口5000人弱の小さな村にて、「地域活性化と女性の生活向上支援」活動をしました。
そこでの活動は、今の県議としての活動に大いに役立っています。
また今、「女性の視点」「女性の能力活用」について、国の施策でも謳われています。
南米の最貧国と言われるボリビアについて、また現地でどのような活動をしたのか、それが今の活動にどう活かされているのかなど、お話をさせて頂き、その後、皆さんからもざっくばらんに意見交換等させて頂ければと思っています。
また、その他の県政課題について、皆さんからの様々な疑問・質問等にお答えしたいと思います。

【開催日時】11月14日(木)19時〜20時半

【開催場所】アイーナ8階研究室811

【参加定員】15名程度(既にお申込者がございます、お早めにお申し込みください)

【申し込み方法】
下記内容を明記の上、メールまたはFAXにてお申し込みください。
①名前 ②年齢 ③居住市町村 ④青空サロンで事前に聞きたい事(あれば)
メール yoshidakeiko.iwate@gmail.com
FAX 019-681-6010

皆さまのご参加をお待ちしております(^-^)/


*青空サロンにて、取り上げて欲しい内容や、話を聞いてみたいゲスト等の希望を随時メールにて承っております。なお、頂いた内容について必ずしもお引き受け出来るとは限りませんので、ご了承ください。
yoshidakeiko.iwate@gmail.com


【『けい子の青空サロン』とは・・・】
県民の皆さんが主役となる政治や行政を目指すため、県民の皆さんのご意見やご提言を伺い議論する場として『けい子の青空サロン』を毎月1回(原則第1木曜@アイーナにて)定期開催しております。
議会等の日程により、開催日時が変更になる場合がございます。
[PR]
by aozora-keiko | 2013-10-27 06:57
30代政治・経済

昨夜の地震。。
怖かったです。。。
久しぶりに長い揺れだったので、緊張感が走りました。。。

最近の大雨台風等の被害による自然災害が続く中、岩手県内の各市町村のSNS情報について調べてみました。(岩手県広聴広報課より)
というのも、昨夜の地震の時もそうでしたが、災害等の非常時、私の情報収集源はだいたいTwitter等のSNSによるものですが、県内市町村の情報発信がどうなっているか、改めて確認し、今後の岩手県の効率かつ正確な情報発信の仕方や情報基盤整備(携帯不感地区解消等)などについて改めて最良の方法など考えなくてはと思っているからです。

(平成25年10月17日現在)
岩手県33市町村中

公式Twitterアカウントを持っている市町村(計9市町
(カッコ内はフォロワー数)
①盛岡市(3,867)
②大船渡市(4,322)
③一関市(2,391)
④陸前高田市(3,170)
⑤奥州市(5,799)
⑥雫石町(180)
⑦岩手町(212)
⑧岩泉町(633)
⑨一戸町(458)
ほか、岩手県も公式Twitterアカウント所持

公式Facebookを持っている市町村(計3市町
(カッコ内はフォロワー数)
①陸前高田市(13,239)
②奥州市(1,330)
③大槌町(814)

TwitterとFacebookの両方を持っている市町村(2市
①陸前高田市
②奥州市


陸前高田市と奥州市はTwitterとFacebookの両方を持っているんですね。
その効果等確認してみなくては。

各市町村行政のマンパワーの問題や、情報発信の量や内容(tweetや投稿数)、正確性、基本的機能など総合的に判断してみないといけないですが、実際にTwitter等を活用されている方々の声も聞きながら(どのくらい役に立っているかなど)、災害時の有効かつ効果的な情報拡散や情報発信等について改めて考えています。

1ヶ月近く続いた9月定例会が昨日で終わりました。
防災、減災のまちづくりをまずは目指しながら、人的被害等を最小限にするための仕組み創りなど、今日からまた県政の様々な課題に取り組んで参ります。
[PR]
by aozora-keiko | 2013-10-26 10:03
30代政治・経済

先月末から会期中の9月定例会も、明日で最終本会議を迎えます!

さて、来月の青空サロンの開催日程が決定致しましたので、改めてご案内させて頂きます。
皆さまのご参加をお待ちしております!!

第19回『けい子の青空サロン』
【開催日時】11月14日(木)19:00〜20:30
【開催場所】アイーナ8階 811研修室
【テーマ】(予定)グローカル人材〜南米ボリビアでのボランティア体験から〜
*グローカルとは・・・
「地球規模で考えながら、自分の地域で活動する」(Think globally, act locally.)

【参加定員】 15名程度

【申し込み方法】
下記内容を明記の上、メールまたはFAXにてお申し込みください。
①名前 ②年齢 ③住所 ④電話番号 ⑤青空サロンで聞きたい事(事前にあれば)
メール yoshidakeiko.iwate@gmail.com
FAX 019-681-6010
(facebookでも受け付けます)


また、『けい子の青空サロン』にて取り上げて欲しい内容や話を聞いてみたいゲスト等の希望についても、メール等にて随時承っております。
yoshidakeiko.iwate@gmail.com

【『けい子の青空サロン』とは】
県民の皆さんが主役となる政治や行政を目指すため、県民の皆さんのご意見やご提言を伺う場として『けい子の青空サロン』を開催してきました。
2011年3月11日の東日本大震災を機に、私たちは新たな転換期にあることから、ライフスタイルや価値観について一緒に議論しながら、より良い社会、より良い岩手を私たち自らの手で創っていくための議論・交流の場(サロン)として、毎月1回原則第1木曜日@アイーナ(いわて県民情報交流センター)にて定期開催しています。議会等の都合により日程変更の場合もあります。
[PR]
by aozora-keiko | 2013-10-24 21:36
30代政治・経済

昨日の決算特別委員会。
初めての総括質疑が無事終わりました。
頂いた時間は7分
b0199244_2095534.jpg
質問項目として
①復興の取り組みに対する知事の所感と抱負について
②若者が活躍する地域づくりについて
③放射性物質による健康影響対策等について
④外国人観光客の誘客について


ほかに
⑤再生可能エネルギー導入促進について
⑥復興住宅にかかる県産材の利用拡大について
⑦ILC受け入れに向けた今後の取り組みについて


を質問する予定でしたが、ごめんなさい。。
どうしても今回は、次代を担う『若者と女性の活躍支援』や『子ども』に重点を置きたかったので、また「知事さん」に答弁してもらいたく、①〜④にシボりました。
b0199244_2013127.jpg


やはり7分は短い!
しかし、この7分に集中することに意義がありそうだから、次回の機会を頂いた時にはもっと頑張らなくっちゃ!

本会議での30分の一般質問とはまたちょっと勝手が違う感じで、、もっと精進しなくちゃ!!!
b0199244_2014310.jpg

また、昨日の午後の部局別審査。
総務部においては、
『岩手県立大学におけるハラスメント対策について』追及しました!
もう少しじっくりやるべきだったと、、、後悔。
まだまだ精進しますっ!!

そして、今日の部局別審査。
政策地域部にて、
あまちゃんでもお馴染みの『三陸鉄道』について質問しました!

詳しい質疑答弁等は、後ほどブログへアップします!!


議会で何やってるか解らないから、政治が身近に感じれないから、政治不信になるし、選挙に行かなくなる。
私がそうだったから。
いや、未だに政治は嫌いだけども。。

身近に感じれる議会や政治づくり。
私にはその役割もあると思っています。

議会を傍聴された事のない皆さん!
一度はぜひ傍聴へいらしてみてくださいね(^-^)
百聞は一見に如かず!です!!
[PR]
by aozora-keiko | 2013-10-17 20:21
30代政治・経済

今9月定例会に出された請願陳情中、以下の4件が放射性物質被害関連。

①「岩手県全域における除染基準値の見直し(引下げ)を求める請願」
②「岩手県南地域における詳細な土壌汚染調査実施を求める請願」
③「放射能を海に流さないこととする法律、放射能海洋放出規制法(仮称)の法律規制を求める請願」
④「岩手県南地域における放射能健康影響調査の実施及び継続を求める請願」


*①、②、④は「放射線被ばくから子どもたちを守る会・いわて」さんより
*③は「豊かな三陸の海を守る会」さんより

私はすべての請願陳情に対し、採択するべきとの立場を取りました。

①と②と④について、
福島原発事故発災以来、本県においても放射性物質の拡散により、県内において汚染された事態を受けました。県民は、安心安全な地域社会と生活空間を取り戻したいと願っています。特にも、子ども達の健康被害を心配する保護者の方々の願いは、現在の除染基準を見直して、県全体を全ての環境下において毎時0.23μシーベルト以上の空間放射線量を測定した場合」へと、除染基準を引き下げて欲しいというものであり、その上で安全確保対策を優先することを求めています。

また、土壌汚染調査についても、県内の測定地点箇所から見れば十分とは言えず、特にも、県南地区では、民間機関の調査によって土壌汚染がより深刻であるとの報告もあります。改めて空間線量率の測定数値だけではなく、しっかりとした土壌汚染調査を行うことで、県民の健康不安や農作物等の生産に与える不安を取り除くことが重要だと考えます。

県民の命と暮らしを守る立場からは積極的に対策を講ずるべきであり、この請願は採択されるべきでした。

また、③について、
青森県六ヶ所村、核燃再処理工場から放射性物質を海に放出しない法律制定の意見書の国への提出を求める内容です。

福島第一原発事故によって放射性汚染物質が拡散され、東日本一帯の国土と東北太平洋沿岸地域における海洋の汚染問題は、依然としてその全容と被害の実態が明らかにされていない状況であり、今般の汚染水漏洩と海洋への流出事故は、極めて深刻な事態にあります。

こうした中、かねてより放射性物質の放出が問題とされていた、六ヶ所村核燃再処理施設への対応は、幾度となく県議会でも請願審査などを通じて様々な専門家の意見や知見を調査し、その都度、放射性物質の放出に係る問題は議論されてきました。しかし、推進側と反対側の認識の溝を埋めることができず、もっぱら国のエネルギー政策に資する懸案事項として、放射性物質の放出等に対する規制や制限のあり方について、本県議会では否定され続けています

しかし、福島原発の汚染水流出事故は、現時点において、人為的ミスの積み重ねをもっぱら理由としていますが、原因の特定と施設設備を含めた抜本的な対策の見直しが全く見られず、さらに海洋汚染が懸念されています。

六ヶ所村核燃再処理工場の海洋放出は、再処理過程で消日廃液が、沖合3キロ、水深44メートルで放出され、推進派は、希釈拡散するから問題なしとしています。こうした放射性物質が、本県を挟む三陸沿岸海域で濃度規制を受けない廃液が無原則に放出され、海洋に流出され続けて行く事を、私たちはただ黙って見過ごす事が出来るはずがありません。

私たちは、今起きている原子力災害から何を学び、どう行動すべきかを問われています。
まずはその第一歩として、現状の問題を改善する為に、新たな法律の制定に向けて、この請願についても採択されるべきでした。


先週10月11日(金)の本会議での採決の結果
・①と②について・・・不採択と決定
社民党、共産党と私以外の県議さんは、この請願に反対の立場を取られ、反対多数のため
・③について・・・不採択と決定
宮古の県議さん、社民党、共産党と私以外の県議さんは、この請願に反対の立場を取られ、反対多数のため
・④について・・・継続審査


私は、被災県岩手としてもっと強く声を上げるべきだと思っています。
今回の結果は(今に始まった事では有りませんが)、残念でなりません。

特に③についてですが、
県内全33市町村のうち、32市町村議会からは既に意見書が国会へ提出されています。
(釜石市議会では継続審査中)
県内ほとんどの市町村議会では採択されたにも関わらず、岩手県議会で不採択となるのはどうしてなんでしょうか。
市町村それぞれの皆さんの声が県議会には届いていないという事になるのでは、と思ってしまうのは私だけでしょうか。
大変残念でなりません。。。

引き続き、県議会において頑張るのみです!
[PR]
by aozora-keiko | 2013-10-15 00:19
30代30代

皆さん、3連休は満喫しましたか(^ー^)?
私は今週末は仕事がいつもよりゆったりだったので、久しぶりにゆっくりとした週末が過ごせました。
たまった洗濯物、お部屋の掃除、衣替え、買い物。。。
すっきりしました!!

さて、11月の青空サロンは、11月14日(木)19時〜@アイーナまたは11月17日(日)10時〜@盛岡城跡公園で日程調整しております。

「けい子の青空サロン」開催以来初めての野外(青空)開催を検討していますが、11月中旬の盛岡、かなり冷え込むので、悩んでいます。。。(^-^;

決定次第改めてご案内致します!!

写真は、今日の岩手山と北上川の夕焼け@もりおか明治橋
とってもキレイです!!
明日からも頑張ろう〜♬
b0199244_23631.jpg

[PR]
by aozora-keiko | 2013-10-14 23:01
30代政治・経済

各地に小さな秋がやってきました(^ー^)

さて、今週末10月12日(土)13日(日)は、もりおかワカものプロジェクト主催の手づくり市「てどらんご」!!
b0199244_913530.png

もりおかワカものプロジェクトとは・・・
学生や若い社会人が力を合わせながら、鉈屋町界隈を中心に2010年より活動をスタート。
手づくり市“てどらんご”の企画運営の他、市内のガイドツアーやお食事交流会等を実施しながら、盛岡の “たのしい” を自ら創り上げると共に、住民や参加者にも “楽しんで” もらいたいと日々知恵を絞って活動しているます!!
HP→http://www.morioka-style.com/morioka_wakamono_project/

今回は私はスタッフとしてではなく、お客さんとして参加ですが、、、両日ともにお店もイベントも盛りだくさん、面白いものたくさんです!!
たくさんの若者が盛岡を盛り上げていますので、ぜひ皆さん遊びにきてくださいね〜(^-^)/
[PR]
by aozora-keiko | 2013-10-11 09:20
30代政治・経済

311震災後、被災地の岩手県山田町へ支援に入ったはずのNPO法人「大雪りばぁねっと。」。
緊急雇用創出事業補助金で活動をしていた。
被災県民として支援に入って頂くことは、有り難いはずのこの事業。
しかし、報道等でも皆さん既にご存知の通り、昨年平成24年11月末、受託者が12月分の給与を支払い出来ない事態が判明し、県が事態の究明に取り組んでいたが、昨日の岩手県議会商工文教委員会において、県は、同法人への2011年度の補助金4億3048万円のうち1億6749万円不適切な支出と認定し、今後、山田町に返還請求する方針を明らかにしました。

岩手日報の新聞報道記事→
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20131010_2

311で被災した山田町民の皆さんを裏切る行為であり、更なる負担を強いられる結果であり、このNPOは、何の為に被災地へ来たのか、憤りを隠せない。本当に許せない。

しかし、もっと早く県もおかしいと気付く、気付けるタイミングがあったのでは。。
指導監督として何度かこのNPOと県はそれまでに接触していますが、
やはり資料を見ると、もっと踏み込んでいれば、こんな事にはならなかったのでは、、、とも。

県においては、再発防止のためにも、改めて内部で検証して頂きたい。
[PR]
by aozora-keiko | 2013-10-10 16:59