吉田けい子の青空ネット~いつもココロに青空を。LOVE&blueSKY~ aozoranet.exblog.jp

岩手県議会議員吉田けい子公式blog。〜岩手の未来を私たちの手で〜持続可能な社会創り。森とトレイルと馬っこと猛禽類が大好き。特技わんこそば最高130杯。いつもココロに青空を。LOVE&blueSKY


by aozora-keiko
プロフィールを見る
画像一覧

<   2014年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

30代政治・経済

第1位フィンランド(72.9%)、第2位スウェーデン(68.7%)に次ぎ、第3位日本(68.5%)は世界有数の森林国。岩手県は、県土の77%が森林で占められていて、森林面積は北海道に次いで全国 2位(11,749㎢)、森林率(国土面積に占める森林面積の割合)は全国 7位の森林県。

『木で、未来をつくろう!木材利用ポイント事業全国47都道府県縦断シンポジウム』が全国で行われ、最後の開催県である岩手県でのシンポジウムが先週18日(日)に行われました。
b0199244_15352996.jpg


日本の森林資源量はなんと49億㎥(立米)にもなるけど、実際利用されているのはそのわずか(6000~8000㎥/年)。1年間の森林資源の増加量は1万㎥(東京スカイツリー約16塔分の高さ!)なので、日本の森林資源は豊富。

国では平成22年5月に『公共建築物等木材利用促進法』が成立し、「自ら率先して公共建築物には木材を利用しよう!」というもので、岩手県はもちろんのこと県内全33市町村においても策定済みです。(制度は出来ても実際に運用されなきゃ意味がない!)

県内の森林で生産された木材を利用することは、林業はもとより、木材加工、住宅建築など地域の産業振興につながり、森林の公益的機能の発揮を通じ、地球温暖化の防止等にも貢献。木のぬくもり(木造校舎)が子ども達への教育環境に与える影響について、インフルエンザによる学級閉鎖数が減っていたりなどの効果もあり。

2016年のいわて国体開催に向けて、盛岡市には「通年型屋内スケートリンク」が新しく建設されます。規模はS造平屋建て4200㎡程度を想定。国際規格のスケートリンク1面とカーリングシート2面、客席(100席程度)などが設けられ、概算工事費は11億8400万円。先日の盛岡市議会5月臨時会でも1億3800万円の増額補正がされたとのこと。

「盛岡市営球場」は、老朽化により移転新築が2022年度完成を目指し行われます。
現在の場所から都南地区の盛岡南公園へ。収容人員は1万人、高校野球の県大会、岩手大会やプロ野球の2軍戦が開催できる規模を確保予定。

b0199244_15375080.jpg
お隣秋田県大館市の大館樹海ドームは、地元秋田杉をふんだんに使用した木造ドーム。世界最大級(長径178m、木造としては世界最長のスパン)。

b0199244_1538029.jpg
1998年に開催された長野冬季オリンピックでスピードスケート競技会場として日本中を沸かせた「エムウェーブ」は、世界最大級の木造つり屋根構造を持ち、信州産のカラマツの集成材を使用した独創的な構造物。

2020年の東京オリンピック開催が決定し、オリンピック関連施設には国産材を積極的に活用しよう!という流れにもなっています。

盛岡市も、作るなら「木造屋内スケートリンク場」&「木造野球場」。
それを積極的に指揮執ってほしい、岩手県!

盛岡市だって、出来ないわけがない!!
だって、住田町役場の新庁舎も、住田町の木材を生かした素晴らしい建築工法で、素敵な公共建築物が出来ているじゃないですか!
b0199244_15381423.jpg


新しいハコモノ事業は私は必要最低限にすべきと思っていますが、しかし作る必要があるのであれば、総合的多角的なグランドデザインでもって、“スマート(賢く)&オシャレ(先駆的)”に進めてほしい。岩手県が!!

スポーツ施設は、そのスポーツ競技を行う拠点場所としての機能だけじゃない。その街のシンボルにもなり、スポーツは、年齢性別問わず誰もが親しむことのできるものであるからこそ、観光振興にも通ずる。

自然との共存社会。本当の意味での持続可能な社会。
「スマート&オシャレ」に目指していきたいね(^-^)
[PR]
by aozora-keiko | 2014-05-20 15:38
30代政治・経済

やっと届きました!
手づくり『林業女子けい子』スタンプ付き封筒。
b0199244_10105296.jpg
b0199244_10103985.jpg
消しゴムはんこ作家の友人に作ってもらいました!!
もちろんFSC認証です!
b0199244_10112543.jpg


『自分の目指す世界を身近なトコロからカラチにすべし!』と、自分の身の回りを出来る限り変身中!
目指すは『岩手県産材使用中』マークですね!
b0199244_10122146.jpg

[PR]
by aozora-keiko | 2014-05-19 07:09
GO GO let's go let's go JAPAN !! just 1 month left till FIFA world cup :-D
サムライブルー!なでしこブルー!見中ブルー*\(^♡^)/*
昨日は母校の見前中学校体育祭へ!
b0199244_9315554.jpg
私が見中時代は、陸上記録会だったけど今は体育祭になっていました。
チームごとに応援歌があったり、色んな面白い競技があって、とても楽しかったです!
私の時代にはまだ見中ソーランはなく、、私も見中ソーランやりたかったなぁ〜♫

サッカーワールドカップinブラジルまであと一ヶ月!頑張れニッポン!
頑張れ見中♡ 頑張れグルージャ盛岡♡ 頑張れドラえもん*\(^♡^)/*
b0199244_9321665.jpg


私も七時雨トレイルランニングまで一ヶ月だ(大汗)。
頑張れワタシー(≧∇≦)
b0199244_9322979.jpg

[PR]
by aozora-keiko | 2014-05-18 09:34
ここ数年PMSに悩まされます。
最近になってPMSなのかもって解ったので、気持ちだけは(本当にほんの少しだけ)楽になったけど。。
前はこんな事なかったのにな。
酷い時は動けなくなる程本当に辛い。。

けれど、自分がその立場になると、当事者になると、当たり前だけど、前は解らなかった事が見えてきたりする、感じれたりする、ますます何とかしたいと思うようになる。

だから、そういう感覚も忘れちゃいけないし、きっと何か意味のある事だと思って、辛いけれど感謝して、受け止めなくちゃね。

女性が社会で活躍し易い社会を作るのは私の目標でもある。けれど、目に見えない見えにくい女性特有の悩みや問題も忘れずに一緒に考えなきゃいけないよね。

b0199244_759328.jpg

きっと私以上にお花好きなんじゃないかなって思う自宅のお父さんの花壇から今朝も笑顔を貰って(^-^)
[PR]
by aozora-keiko | 2014-05-16 07:56
30代政治・経済
今年度から岩手県庁組織に新しく出来た『若者女性協働推進室』。

今までにもご指摘頂いていて、まだまだ事業内容や方法等に課題などあると思うけど、まずはアナタも参画してみて下さい!

そうする事でより良い事業にしてゆく為に皆さんからの提言を私も県にドンドン伝えてゆきたいと思います( ´ ▽ ` )ノ
5月12日〜6月6日まで募集です!
b0199244_1894932.jpg



詳しくは、
http://www.pref.iwate.jp/seishounendanjo/wakamono/024117.html
[PR]
by aozora-keiko | 2014-05-10 07:06
30代政治・経済
シカなどが増える事で農作物などの被害が出ているからと『鳥獣被害対策』を行う。

そもそもは人間が動物たちの生息域を荒らしてしまった為にシカが増えてしまうのだが、“被害対策”と呼んでしまうのが正直心苦しい私。。

地元都南地区の乙部の果樹農家さんからシカ対策について聞かれたので改めて調査中。
自然との共存を何とか図りたいもの。
しかし農作物への被害は何とかしなきゃいけない。

鳥獣被害対策には、一般的に有害駆除と狩りがあるのだが、それぞれ猟友会の活動実態も確認しなきゃ。

岩手県は年間7000頭ものシカが“有害”駆除されている。
[PR]
by aozora-keiko | 2014-05-09 07:03
30代政治・経済
盛岡市鉈屋町の手づくり市「てどらんご」がついに今週末に迫ったよ〜(^-^)/
もりおかワカものプロジェクトのメンバーがたくさんの面白いイベントと一緒にみんなを待っています〜!!
b0199244_0344397.jpg
b0199244_034514.jpg

詳細は、以下のHPへどうぞ!!
http://www.morioka-style.com/morioka_wakamono_project/
[PR]
by aozora-keiko | 2014-05-08 06:32
30代政治・経済
盛岡のお酒でカンパーイ( ^♡^ )/□
cheers with liquors made in MORIOKA :-D !!
b0199244_0201211.jpg
材木町余市の季節がやってきました!
土曜日の仕事後の夕方、今年初の余市に行って来ました!
材木町ベアレンでしか飲めないクラシックセラービールを初体験withベアレン社長さん( ´ ▽ ` )ノ
b0199244_02013100.jpg


盛岡市では、3月13日に『乾杯条例』が出来ました!
http://www.city.morioka.iwate.jp/machizukuri/12917/028526.html

b0199244_0201453.jpg

地元酒などによる乾杯を推進することで地元酒などの普及を図り、地場産業の振興に寄与することを目的に制定。
皆さんも、ぜひ地元のお酒でカンパーイ!してくださいね*\(^o^)/*

b0199244_0201245.jpg

余市では、たくさんの生産者さん仲間にも逢えました(^♡^)

皆さんも、土曜日はぜひ材木町余市へ遊びに行ってね(^ー^)
http://www.iwatetabi.jp/spot/detail/03201/1470.html
[PR]
by aozora-keiko | 2014-05-04 06:09

あ、いいなぁ〜!な施設

30代政治・経済
ますます『あ、いいなぁ〜』と思って利活用して貰える施設を目指して( ´ ▽ ` )ノ
aiina is one of the prefectural centers in iwate, and has potential to be more convenient !!

昨日は午前中から、アイーナにて意見交換や情報収集をしてきました。
アイーナは県議になる前の職場。
私もNPO職員として県のセンターで勤務経験があります。

子育て、国際交流、男女共同参画、青少年活動、環境学習、NPO活動など、様々な県行政施策の重要な推進施設を民間団体等が受託しています。
b0199244_0213440.jpg

b0199244_0213568.jpg

b0199244_0213513.jpg

b0199244_0213688.jpg


県行政のただの下請けとならないよう、賃金や委託選定方法など含め、行政と民間のそれぞれの良い部分を出し合って、本当の意味で官民協働となるような施設をこれからも目指してゆかなきゃいけないなぁと思いました。

皆さん、
怪我や事故のない有意義なゴールデンウイークをお過ごしくださいませ!
[PR]
by aozora-keiko | 2014-05-03 07:16
30代政治・経済
b0199244_177944.jpg

4月25日(金)に「県民と県議会との意見交換会」がありました。
今回のテーマは、「医療従事者の養成と確保」。
県内の病院に勤務する医師や看護師、作業療法士、また、県内の医療関係の大学等で学ぶ学生さんと意見交換しました。

病院医師や看護師等からは、
・臨床研修医制度についての課題。
・就職する病院は利便性が大事(新幹線沿いを選んでしまう)・・・正義感だけではやっていけない。
・若いうちに症例の多い都会の病院で勉強したい人が多い。
・人が足りない・・休めない・・疲労・・低賃金・・辞める、という悪循環がある。
・県北沿岸は特にリハビリテーション資源が少ない(特に精神系、発達系)。
県内の医師の確保は、病院単位ではなく、医療局全体で県病や医大等含めて、就職希望者を募る等募集を一本化すべきではないか。

医療関係の学生からは、
・研修先や就職先で選ぶ時の基準は、先輩からの意見や雰囲気で判断する。
・交通アクセスは重要。
・県からの奨学金は、県外出身者も対象にすべき。
・仕事と子育てを両立出来るか不安(女性)。
・スポーツ医学に則ったリハビリテーション施設がない。
・プリセプター制度。
・専門看護師は岩手は難しい。
・インターンシップの機会がもっと欲しい。

などの意見を頂きました。
b0199244_1773690.jpg


今年度から新しい形式でスタートした「県民と県議会との意見交換会」。
昨年度までは、「本音で語ろう県議会」として、参加者は自由に応募する形でした。

意見交換会の情報提供者として参加していた医師や学生ではなく、この会にオブザーバーとして参加して頂いた方からは、この会のあり方等を客観的に見て頂き、以下のようなご意見を頂きました。

「今の岩手の医療はこうあるべき」との目指すところがどこにも示されていない報告会だったことが残念。
「どうしらた地元に残ってくれますか」ばかりに目が行ってしまい、福利厚生、スキルアップ、給料云々・・そのことを議論しても、より条件のいいところがあればそちらに行ってしまうのではないのか。
県立病院が岩手県に作られた経緯を知ることや、待ったなしの沿岸被災地の現状を理解すること、そのうえで岩手の医療をどうするのか、だから有資格者が必要なのです!
という、大切なことに触れておらず、とても残念でした。

若手医療従事者も学生もとても良いしっかりとした考えを持たれていた。
医療関係機関の管理職や採用担当者に是非とも聞かせたい耳の痛い話もあった。
岩手の医療に詳しい方が(県議へのサポートとして)オブザーバー参加してくれたら、より理解が深まったのではと感じた。
若手医療従事者(医師、看護師)からは「県立病院を統合してくれれば多くの症例を見れるし、生活も便利になる」「転勤したくない」といった意見が出る反面、リハビリ従事者、学生共に「岩手にはもっと介護予防が必要なので何とかしたい」といった意見があり、反応の違いが興味深い。


このオブザーブしてみての感想をふまえ、私の仲間たちからも意見を貰いました。

・今度、もう少し聞いてみたい。「現状をよく知らないんだよね」って、思考と議論が止まる事が最近よくあります(反省をこめて)。根気強くあることと、自分の意見を放つことこそ、大人のするべきことです。
・あまり注目されてないが、盛岡における医大の跡地利用は、1つの病院の跡地の問題ではなく、盛岡における医療の発祥の地というか、メッカだと、個人的には思っている。どちらかというと中心市街地の活性化ばかりに目がいっているような気がします。
・都道府県立病院の数では岩手県がダントツに多いことからも、岩手県での公立病院の果たす役割は大きい訳で、だからこそ歴史と現状をより認識して将来を考えて欲しいというところ。「現状を知らないこと」を正当化せずに的外れでないよう意見を考えたいもの。
・過疎地の医療に関して一つの現代医療の問題点をあげると、“専門医による分野の細分化”がある。目しか見れない医師、糖尿病専門の医師など、医療が専門家に分けられているので、いわゆる“町医者”的な医師がいない。そうすると、田舎にもある程度の規模の総合病院を構えなければならなくなり、維持コストがかかる。専門以外の患者を見れない、そして更に、医師免許を取ってからの勉強が足りず、医師数は多けど使い物にならないという医療実態が大きな問題の一つでもあるのでは。



頂いた貴重なご意見を無駄にしないよう、「岩手県のこれからの医療のあるべき姿」について、これらの頂いたご意見を参考にし、自分の議会活動にも反映させていきたいと思います。
また、今年度がこの形式による初めての試みなので、今後、この「県民と県議会との意見交換会」のやり方やあり方も検討すべきなんだろうと思っています。
[PR]
by aozora-keiko | 2014-05-01 17:58