吉田けい子の青空ネット~いつもココロに青空を。LOVE&blueSKY~ aozoranet.exblog.jp

岩手県議会議員吉田けい子公式blog。〜岩手の未来を私たちの手で〜持続可能な社会創り。森とトレイルと馬っこと猛禽類が大好き。特技わんこそば最高130杯。いつもココロに青空を。LOVE&blueSKY


by aozora-keiko
プロフィールを見る
画像一覧

<   2014年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

気持ちのいい天気が続く収穫の「秋」真っ盛りですね!

先日(9月25日)、岩手ビッグブルズ運営会社(株)岩手スポーツプロモーションの龍澤尚孝さん、グルージャ盛岡の鳴尾直軌監督さんをゲストに迎え、「地域のプロスポーツの在り方」や「スポーツの力で教育を変えよう(子ども達へ夢や希望を与えよう)!」など、参加者の皆さんと有意義な意見交換が出来ました。
また、FCバルセロナやサッカー協会へも出向していて東京オリンピック2020も担当の(株)電通のスポーツ局国際スポーツ部長をされている私の大学のセンパイにも東京から急きょ参加して頂きました。
b0199244_2342316.jpg

龍澤さん、鳴尾さんのお話での参考ポイントメモ
・ブルズ女子♡(私は初耳!知らなかった!)
・花巻東(菊地雄星選手時代)の甲子園は、野球する人もしない人も岩手みんながひとつになれた!あの時のオール岩手の一体感を継続していきたい!
・スポーツしない人でもスポーツ観戦は楽しいはず!
・スポーツイベント✖️球場外でのイベント(産直など「食」)
・先日の北上市で行われたアジアマスターズ✖️球場外の肉大会良かったね!
・スポーツの力で子ども達が夢や希望を持てるきっかけ作りとしたい!
・岩手に「聖地」を!( サッカーや野球だけじゃなく多様スポーツ競技(室内競技等)が出来る球場(施設)『いつか僕もあの聖地で試合したい!』と岩手のスポーツの象徴となる場所
・プロスポーツ選手✖️小学校・中学校(with教育委員会)
・試合観戦マニュアル(チケット購入、会場までの移動、球場周辺案内)意外に解らない人も多い
・岩手ギッグブルズとグルージャ盛岡のダブル観戦チケット
・わんこそばも岩手の食のスポーツ?(笑)
などなど。。。

『試合会場をたくさんの観戦者でいっぱいにしたい!(もっと応援に来て欲しい!)』
龍澤さん、鳴尾さんのお二人に共通した話題。
例えば、私も高校時の留学先であるアメリカでは、ハーフタイムには超カッコいい!チアリーディングのパフォーマンス有りのアメフトの試合(プロアマ問わず)に、どんなに田舎でも(実際私の留学先は田舎w)地域の人たち皆がこぞって観戦にいって熱く応援する!という、実際にスポーツ競技をやって楽しむだけじゃなく、スポーツをみんなで観て楽しむ地域の一体感を味わえるという『スポーツ観戦の文化』を目の当たりにしました。

今回の参加者十数名中、私の広報も足りなかったので、女性は残念ながら私だけだったのですが、この日話題になったのが、やっぱり何事にも「女子」の視点も忘れてちゃいけないよね!という事。

ブルズ女子!!私は勉強不足で初耳でしたが、可愛いですね。
そう!女子には『カワイイ』って実は大事。
私も、ネイビーxピンクが可愛いグルージャ盛岡の応援Tシャツ(詳細記事はこちら)を昨年購入してから、サッカーに疎すぎる私でも普段着ちゃうし、試合観戦したくなりました!なので、きっとブルズもそうなるはず!!
次回は女性の参加者を集めて開催したいね!、釜石シーウェーブスさんともやりたいね!となりました。

皆さんもぜひ一度観戦に行って、私たちの地域のプロスポーツをみんなで一緒に応援しよう〜(^-^)/
岩手ビッグブルズ http://www.bigbulls.jp
グルージャ盛岡 http://www.grulla.jp
釜石シーウエイブス http://www.kamaishi-seawaves.com

いま被災地では、子ども達の『学力低下』だけでなく、『学習意欲の低下』と『体力の低下(特に低学年にその状況が顕著だとか)』も問題となっています。
いわて国体2016ラグビーワールドカップ2019を釜石で!東京オリンピック2020
子ども達に、スポーツを通じて、『意欲・やる気』、夢や目標をに向かって努力をすることの楽しさ、『やり遂げる力』、そして、『生きる力』を培ってもらいたい。『生きる力』は、確かな学力、豊かな心、健やかな体の、『知・徳・体』をバランスよく育てることが大切。

「スポーツは、人間教育から始まる」
規律、自立、あいさつ、マナー、フェアの精神。

そう鳴尾監督が熱く語ってくれました。
b0199244_23505623.jpg


先週日曜の朝。
何度も何度もバッティング練習をする小さな未来の甲子園球児たちの背中が、不思議と大きく見えた。
スポーツのチカラ。
未来への投資は、私たち大人の責務。
わたし慧眼を養え。
b0199244_23512898.jpg


(余談)
『私のいわてスポーツツーリズム計画ーその①ー』
盛岡南公園球技場がある場所に、盛岡市営野球場が新設移転なる予定(2022年)。この機会に、盛岡市と岩手県が一緒になって、あの場所一帯を岩手のスポーツの聖地としたい。
*平成9年に地元地権者等へ住民説明会を行った際の計画では、現在ある球技場以外に、野球場、鑑賞池や緑いっぱいの展望の丘、健康広場などが整備されると説明されていた。『甲子園を目指す孫の試合をいつかここで観れるんだ!』などと夢を抱いていた当時の地権者の方々。あれから20年近くも経過してしまった今、その夢も果たせず亡くなってゆく地権者があるという。
いま盛岡広域都市計画市街化区域及び市街化調整区域の見直しも行われています。その素案図が対象地区に最近全戸配付され公聴会も開催されましたが、皆さん、読まれましたか(^^)?「盛岡広域をこれからどう創ってゆくか?」という「まちづくり」の基本となる大切なものです。
[PR]
by aozora-keiko | 2014-09-30 23:37
私が一番『黄金の國いわて』を感じる瞬間。
今この時期の収穫の秋(稲刈り前)でしか見られない、南部富士な岩手山へ向かいこうべを垂れる稲穂たち。何かを教えてくれている。黄金色と青空色と森色と綿毛色と。
自然界はそこにいてくれるだけで教科書(^-^) 感謝♡
b0199244_2344371.jpg


this is my favorite view of IWATE, that this autumn season only shows us.
love peace and smile
[PR]
by aozora-keiko | 2014-09-27 07:42

祝・敬老の日

地域のゲートボール大会に参加しました。
b0199244_23521394.jpg


なんだかへっぴり腰で一番下手くそな私でしたが、皆さんに教えて貰いました!
b0199244_2352148.jpg


健康で笑顔で過ごすために、生涯スポーツを一つでもやりたいですね。

私は、トレイルランニングが好きですが、最近走ってないなぁ。。


今の私たちの生活があるのは、長年に渡り地域の発展のためにご尽力されてきた大先輩の皆さんのお陰です。
心からの敬意と、また、私たちがその歴史と伝統を引き継いでいくことが大切ですね。
[PR]
by aozora-keiko | 2014-09-15 22:38
被災地からの子ども達を招いての今日から3日間の『もりキャン』スタート!
b0199244_144965.jpg

今年は、福島県33人、宮城県34人、岩手県(沿岸15人、盛岡広域19人)34人の合計101人の子ども達(小学校4〜6年生)が参加。
b0199244_145010.jpg

これからの将来を担っていく岩手・宮城・福島の被災3県の子ども達にキャンプを通じて新たな友情を育んでもらいたい。出会いのきっかけを作りたい。そんな願いを込めて、今年も3回目開催。
自然豊かな岩手で思いっきり遊んで、楽しい思い出をつくっていってね( ´ ▽ ` )ノ
b0199244_14503.jpg

遠くは沖縄からも参加して頂いているボランティアの皆さんにも心から感謝♡
b0199244_145119.jpg

いわてゆいっこ盛岡の新代表のけーすけくんがしっかりやってくれるから、代表OBの私とありさちゃんは、気持ちゆったり出来てます。
b0199244_145219.jpg

子ども達とたくさんの虫の抜け殻と無邪気に遊ぶ癒しのひと時もあり(^-^)
b0199244_145285.jpg

私は他の仕事があるので、あとは雄大な母なる岩手山にお願いして、一度盛岡に戻ります( ´ ▽ ` )ノ
b0199244_145357.jpg

[PR]
by aozora-keiko | 2014-09-13 13:54
『子ども達にスポーツを通じて夢と希望と生きる力と』
giving children dreams and hopes... this is MY hope thinking that it's been 3 and a half years passed since the 311 terrible earthquake...

先日(9月10日)、商工文教委員会の調査で大船渡市の赤崎小学校・蛸ノ浦小学校へ。
赤崎小学校は震災で学校が被災したため、赤崎小学校の児童は、いま蛸ノ浦小学校に通い、蛸ノ浦小学校の児童と一緒に勉強しています。
赤崎小学校の児童81名、蛸ノ浦小学校の児童43名、合計124名。
校庭には仮設住宅が建っているため、小さな校庭での運動。遊具は殆どなく、直線で100m走もできないほど。。
b0199244_0534331.jpg

b0199244_0534497.jpg



9月11日で、震災から3年と半年が経過。
いま被災地では、子ども達の『学力低下』が課題となっていますが、それ以上に私が問題だなと感じたのは、『学習意欲の低下』と『体力の低下(特に低学年にその状況が顕著だとか)』。
学力を向上されるためには、まずは、『学びたい!知りたい!』という『学習意欲』がまずはなければ、学力向上には繋がらない。
小さな校庭での運動を余儀なくされたり、体をいっぱい動かす機会が減っている被災地の子ども達。体力は人間の行動すべての源。体力の低下は、『生きる力』も『意欲・やる気』も失われる原因の一つにもなる。

2年後にいわて国体2016(や東京オリンピック2020)を控えている事を契機にもも捉え、子ども達に、スポーツを通じて、体を動かすことで、『意欲・やる気』、夢や目標をに向かって努力をすることの楽しさ、『やり遂げる力』を培ってもらいたい。
『生きる力』は、確かな学力、豊かな心、健やかな体の、『知・徳・体』をバランスよく育てることが大切。
私自身、小学校では陸上を、中学校では軟式テニス、高校では硬式テニスに、真っ黒になって打ち込みました。今思えば、低学年の頃は特に、努力すれば順位が上がることへの喜びを感じ、「もっと頑張りたい!」と思うようになり、「勉強も頑張りたい!」って思えるようになっていった気がする。(『大会に出るなら勉強もしっかりしろ!』と強く教えてくださった(怒られたw)恩師がいるからでもあるけど(笑)感謝だね)

子どもだけじゃなく大人も。身近なランニングなどを通じて、予防医学の面からも、考えて貰いたい。病気になって医療費に莫大なお金をかけるより、どうせなら心身共に強い身体を作る方にお金をかけて、病院要らずが良いよね。(山や森の中を走るトレイルランニングを、私は岩手の「予防医学スポーツ」としてこれから推奨してゆきます(^♡^)笑)

はじめは、2年後にいわて国体があるから、これを契機に岩手の「スポーツ振興、スポーツツーリズム」に力を入れたいと活動していましたが、今はそれ以上に『スポーツのチカラ』に期待して、これからも活動してゆきます!

岩手の未来を担う子ども達みんなに、夢や希望を、そして『生きる力』を。。
[PR]
by aozora-keiko | 2014-09-11 06:49