吉田けい子の青空ネット~いつもココロに青空を。LOVE&blueSKY~ aozoranet.exblog.jp

岩手県議会議員吉田けい子公式blog。〜岩手の未来を私たちの手で〜持続可能な社会創り。森とトレイルと馬っこと猛禽類が大好き。特技わんこそば最高130杯。いつもココロに青空を。LOVE&blueSKY


by aozora-keiko
プロフィールを見る
画像一覧

<   2017年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧

♡首都圏在住の皆さまへ♡
はい、私はこのお米を食べて大きくなってます(๑˃̵ᴗ˂̵)
b0199244_21235393.jpg

私の親友が岩手県北上市にて農薬・化学肥料を使わず丹精込めて作っているお米🌾
ナナツノツキノ
ただいま田植えの準備中ですが、その前に東京のファーマーズマーケットに出店します♡
ぜひ遊びに来てください(╹◡╹)

◎3/25(土)26日(日)10-16時
Farmer's Market @UNU
青山・国連大学前広場
(東京都渋谷区神宮前5-53-70)
http://farmersmarkets.jp/
[PR]
by aozora-keiko | 2017-03-21 21:19
目に見えて解る事実、
人から想像しやすい悩みは時に羨ましくも想う。

目には見えづらい
人には言いづらい苦労や痛みや不安を抱え
笑顔で生きている人たちがいるということ。

すぐそこにいつでもありそうでいて
掴みたくても掴めない雲のような存在だったとしても
一縷の望みをかけ祈るように耐え頑張っていたりする。

いかに自分とは異なる環境の人たちの苦しみをイマジネーションとともに理解すること。
女性だから女性の考えが全て解るなんてことでもないから。
対立や非難は嫌い。どんな境遇にも特権なんてないよね。

声にもならない想いを、言葉にする。

灯火に祈りを込め遠くから見守りながら。
b0199244_2229961.jpg

[PR]
by aozora-keiko | 2017-03-20 22:32
岩手県産ナンブアカマツの公共施設向け家具『iVas(アイヴァス)』が現在県庁1階の県民室に展示されています。
久慈市の木材製造販売業「マルヒ製材」と矢巾町の自然塗料メーカー「(株)シオン」が大手オフィス家具メーカー「イトーキ」と共同開発しました。
https://www.itoki.jp/company/press/2016/1611_ivas.html
岩手県産アカマツの魅力、木の温もりや柔らかさを最大限に活かしたジャパニーズモダンな印象的なデザイン。電源のほか無線LAN接続にも対応できるよう高機能化が図られていて、東京五輪も視野に、外国人旅行者が長い時間を過ごす空港や駅、港などの交通施設に設置することを想定されています。
*首相官邸には、わんこきょうだいがプリントされたタイプのベンチが展示されています☆
b0199244_14204373.jpg
b0199244_1420589.jpg
b0199244_14211484.jpg
b0199244_14213160.jpg
b0199244_14214899.jpg

今日の農林水産常任委員会では、来年度から3ヶ年計画で策定される「岩手県公共施設・公共工事木材利用推進行動計画(第5期)」についての説明がありました。
県が整備する低層(3階建以下や延べ床面積3千㎡以下等の建物)の公共施設の木造化率100%を目標!としっかり明記されていて嬉しく思い、大変期待をしています。また、県が整備する公共施設の内装木質化、公共工事の工作物の木質化にも努めることとしています。

建物や内装の木質化は勿論ですが、私は特にも公共工事の工作物や治山事業において、ハイブリッドな木製治山構造物の高度な技術を習得しさらに普及すると良いなあと思っています。強度や耐久性などの観点からコンクリートを使用する場合が多いと思うのですが、現在は研究開発も進んでおり、何よりも山林内で巨大なコンクリート構造物を見かけるよりは木質の方が違和感がなく、生態系の保全にも繋がると考えるからです。
b0199244_14202624.jpg

[PR]
by aozora-keiko | 2017-03-17 14:23
スポーツ医科学(健康管理・障害予防・栄養指導)と健康増進や介護予防
〜いわて国体大会のレガシーを県民へ〜

子どもの成長期には、大人では発症しないその年代特有のけががあります。その中には一度の大きな外力によるけが(外傷)もありますが、成長線を含む骨の強度が弱いために起こる、繰り返しの力・オーバーワークによるけが(障害)の方が生じやすいと言われています。「成長期のけが」というと、「成長期を過ぎれば治るだろう」と誤解されやすいですが、中には発症早期に的確な診断・治療を受けるかどうかで、その後の経過が大きく変わってくるけがもあります。
★成長期における代表的なスポーツ障害は、
①オスグッド病(特に急激に身長が伸び始める頃)
②腰椎分離症
③野球肘
などがあり、私も①や②には悩まされました。。
b0199244_12274328.jpg
b0199244_12275378.jpg
b0199244_1228434.jpg

岩手県民の健康寿命は、全国平均を下回っているのをご存知でしょうか。(男性ワースト3位、女性ワースト16位、H22年時)また、脳卒中死亡率も全国ワーストにあります。
1日の平均歩数も目標値には程遠い状況が続き、また、特に就労者層(20〜64歳)において運動習慣が少ない状況にあります。

私は、県民の皆さんが若いうちから、身体活動、スポーツ(運動)を積極的に行うことで、生活習慣病予防、介護予防につなげたいと思っています。
昨年の希望郷いわて国体いわて大会でも選手のサポートに貢献したスポーツ医科学サポート体制を、今後はこれまで以上に県民一人ひとりに対しても普及拡大し、スポーツを通じた健康増進の取り組みにするべきであること、また、現在の県営スケート場内にあるスポーツ医科学機能拠点では、広く県民に対してその機能を発揮するには厳しい環境にあることから、今後の県営体育施設のあり方を検討する際に一緒に議論して頂きたい旨、おとといの教育委員会の部局審査にて質疑しました。

1月にスポーツ教育調査特別委員会で「横浜市スポーツ医科学センター」へ調査へ行きました。スポーツ版人間ドックで体力年齢を測定したり、ジュニア向けスポーツ健康チェック、ランニング測定など、県民に対して広く「スポーツ医科学」の力を発揮されていて、大変参考になりました。

今日は、予算特別委員会最終日。
県土整備部審査と取りまとめです。
[PR]
by aozora-keiko | 2017-03-16 12:28
最近全然開催しておらずにサボっていた「けい子の青空サロン」(汗)
久しぶりに開催します!
現在、私の事務所には、盛岡大学1年生の安倍さんが春休みを利用してインターンに来ていますが、彼女も関心があるとのことで(嬉しいです!)、テーマは私が最近力を入れている「産前産後ケア」となりました。
男性も女性も若者もぜひご参加くださいませ(^-^)/

以下は、インターン生からの投稿です。

【青空サロンのお知らせ】
こんにちは、インターン生の安倍みなみです。
今日は「吉田けい子の青空サロン」のお知らせです!
今回のテーマは「みんなで考える産前・産後」です。
皆さんは産前・産後のケアについてや、岩手県ではどんな取り組みが行われているのか知っているでしょうか。
この機会に、吉田議員とお話してみませんか?
年齢や性別は問いません!
私もインターン生として参加します^^
皆さんの産前・産後に対する意見もぜひお聞かせ下さい! 

日時:3月23日(木)14時~16時 
会場:アイーナ8F 会議室809(和室) 


どなたでも参加できますので、ふるってご参加ください!
※ 参加のお申し込みは吉田けい子事務所まで、電話またはメールでお願いします。
電話:019-681-6006
メール:yoshidakeiko.iwate@gmail.com
b0199244_1211455.jpg

【“けい子の青空サロン”とは】
ライフスタイルや価値観について一緒に議論しながら、より良い社会・より良い岩手を私たち自らの手で創っていくための 議論・交流の場(サロン)、又、県民の皆さんが主役となる政治や行政を目指すため、県民の皆さんのご意見やご提言を伺う場として、『けい子の青空サロン』を不定期に開催しています。
[PR]
by aozora-keiko | 2017-03-15 12:05
自治体検診で、国が40歳以上の女性に推奨する乳がん検診法・マンモグラフィー(乳房エックス線撮影)。日本女性にはこの方法だけではがんの有無を判別しづらい、乳腺の密度の濃い「高濃度」の乳房が目立つことを皆さんはご存知でしたか?
b0199244_9554249.jpg

乳房は乳腺の密度が濃い順に、高濃度、不均一高濃度、乳腺散在、脂肪性の四つに分類(写真参照)。密度が濃いとマンモ画像では全体が白く写り、同じく白く写るがんを見つけにくい。マンモに不向きとされる高濃度と不均一高濃度は日本女性の5~8割との指摘があります。

この弱点をカバーするのが超音波(エコー)検査。超音波では、がんのしこりが黒く乳腺が白く写ります。国の大規模研究で、マンモと併用することで早期発見率が1・5倍に高まることが分かったが、現時点では国の指針では推奨していない。検診に加えることで死亡率が減少するか、まだ不明だから。超音波を追加で希望する人は医療機関で、自費で受けることになっています。

国の乳がん検診の指針では、結果を「異常なし」か「要精密検査」のいずれかで返すよう定めているので、高濃度乳房で見えづらいため異常があるかどうか実は判断しかねない場合でも「異常なし」と通知されてしまい、本人にはほとんど知らされていません。

そんな中、「高濃度であるために見えづらい」と独自に通知する自治体も増えています。
先週の保健福祉部の部局審査にて「県の乳がん検診の取り組み」について質疑しました。
岩手県では、盛岡市(玉山区を除く)が個別検診を行い、その他32市町村が集団検診を実施し、32市町村中17市町村はマンモグラフィーと超音波検診を実施しています。
乳がん検診の受診率は26%(H22年)から29.7%(H25)と若干上がりましたが、まだまだ低い状況です。(目標値50%(H28)にも達せず)

①まずは受診率を上げること。
②高濃度乳房だとガンが写りづらいということを女性にもっと知ってもらう必要があること。
③受診者に、高濃度で見えづらいこと、(超音波を併用していない場合は)超音波を加える選択肢があることを、文書や口頭などで通知すること。
④民間等との連携により受診を受けやすくしたり啓発機会を増やすこと

を県に訴えました。
私も30歳頃から定期的に乳がん検診を受けていますが、昨年の人間ドッグの乳がん検診で再検査になって実は初めて「高濃度乳房」という存在を知りました。
女性の皆さんが自分のカラダと向き合い健康意識を高める機会となるようこれからも取り組みます(^-^)

今日もこれから部局審査、頑張ります。
[PR]
by aozora-keiko | 2017-03-13 09:55
明日3月11日は東日本大震災から6年。
盛岡でも追悼行事〜祈りの灯火〜を行います。
どなたでもご参加できます。
改めて想いを一つに。
http://www.city.morioka.iwate.jp/kurashi/shinsai/shinsaiinfo/1018710.html
b0199244_08131658.jpg


[PR]
by aozora-keiko | 2017-03-10 08:11
(興味のある学生必見)
グローカル(グローバルな視点で地域で活躍する)人材育成といわての国際戦略の課題

来年度から新規事業として、学生が県内企業でインターン(研修)した後、海外企業や研究機関で短期インターンし(28日〜6ヶ月)、その後再度県内企業へ戻り海外研修での成果をインターンしながら還元するという制度が立ち上がります。

岩手県では来年度から「いわて国際戦略ビジョン」を展開しますが、岩手の未来を担うグローカルな人材育成は必須!
岩手を好きになり、岩手のために仕事をしたいと思う若者が、震災後は特に増えていると感じていてとても嬉しいことではありますが、一度岩手をさらには日本を抜け出し外を知ることでさらに岩手の良さに気付かされるという私自身の経験からも、ぜひ若いうちに世界を見て欲しいという想いがあります。

大変期待をする事業ではありますが、例えば、英語圏に限らずまた先進国のみに限らず、世界の様々な地域での受け入れ企業等を増やすことも大事だと思っていますので、その点などについて、今日これから予算委員会の環境生活部の部審査にて質疑します!

昨日は、秘書広報室にて質疑しました。岩手県庁の外国人職員6名が「岩手国際アイデアの会」という自主的な組織を立ち上げ、猊鼻渓、さんさ踊りやみちのく潮風トレイルなど岩手の観光資源を外国人目線でPRした動画等を作り発信していますが、県は部局横断的にその存在を把握しておらず、、それではいかん!と追及しました。せっかく県庁内に外国人職員さんがいるのであれば、もう少し彼らも交えて「国際戦略」を!と訴えました。
外国人が主に利用するサイトなどを見ると、私たち日本人からは想像もつかないようなモノや場所に興味を示していることも解ります。私たち日本人には気づかない外国人ならではの感覚、私たちから見れば当たり前すぎて埋もれてしまう地域資源を外国人目線で考えようとする視点が県には足りないと感じ指摘しました。

(写真)2月1日付け岩手日報
b0199244_9361267.jpg

[PR]
by aozora-keiko | 2017-03-09 09:36
1、安心して妊娠出産子育てができる環境の整備(産前産後ケア)
2、ライフプランニング支援(助産師等専門家による高校での取り組み)
3、外国人観光客の誘致拡大(モノ消費からコト消費、スポーツツーリズム&ヘルスツーリズム&ホース(馬)トレッキング)
4、森林の多様な利活用(森林セラピーやトレイル整備による観光振興)
5、岩手県立大学の取り組み
について昨日知事等へ総括質疑しました。口をとんがらせています(笑)

*グローカル人材の育成
*馬事文化振興
の2項目は時間がなくなってしまい無念。。
特に、来年度新規「馬事文化プロモーション推進事業」。馬好きの私がこの質問を省いてしまうとは。。まだまだウマくいきませぬ🐴
b0199244_07273147.jpg

総括質疑の後は部局別審査へ。
今日は、秘書広報室で県庁の外国人職員の国際戦略への活用について質問します٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
[PR]
by aozora-keiko | 2017-03-08 07:26
ふーーーーーーー!知事への総括質疑終わったーっ!
知事の答弁が物足りないともっと深掘りしたくなるし、想いを込め過ぎてしまうため、予定していた7項目のうち2つも飛ばしてしまい後悔は残るけれども。。

多岐にわたる県政課題を取り上げてますが、全ての根本にあるのは『家族(人との繋がり)』とか『幸福(度)』。
課題が多様化複雑化する現代において、子どもはもちろん大人も今以上に『生きる力』いや『生きぬく力』を培うことって本当に重要だと感じています。

今夜のチビ達との授業は『想像力と創造力』がテーマ。
頭をフル回転させた重い仕事の後は、私は必ず子ども達や動物たちと過ごして、頭を解し正常化させます(〃ω〃)(笑)
b0199244_22102912.jpg

b0199244_22103057.jpg

ちなみに、2枚の写真、どちらが「想像力」でどちらが「創造力」か解るかな♡?

予算委員会における知事への質疑内容については、後ほどご報告します٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
[PR]
by aozora-keiko | 2017-03-07 22:08