人気ブログランキング |

吉田けい子の青空ネット~いつもココロに青空を。LOVE&blueSKY~ aozoranet.exblog.jp

岩手県議会議員吉田けい子公式blog。〜岩手の未来を私たちの手で〜持続可能な社会創り。森とトレイルと馬っこと猛禽類が大好き。特技わんこそば最高130杯。いつもココロに青空を。LOVE&blueSKY


by aozora-keiko
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

一般質問①『新しい岩手県環境基本計画について』

以下、私の一般質問内容を皆さんにお伝えいたします。
それに対する県の答弁は後日報告いたします。

----------------------------------
地域政党いわての吉田敬子です。
県民の皆様の一代表としてこの場に立たせて頂くことに心から感謝申し上げます。
また、この度、初めての一般質問の機会を与えていただきました先輩議員の皆様に心から感謝申し上げます。
それでは、順次質問をしてまいります。

新しい岩手県環境基本計画について
最初に、岩手県環境基本計画について伺います。
県では、現在の岩手県環境基本計画が、目標年次の平成22年度を迎えることから、今般、新しい環境基本計画の最終案を取りまとめられました。
 この計画の中には、「みんなの力で次代へ引き継ぐいわての「ゆたかさ」」という基本目標が掲げられています。
 岩手に生まれ育った私としては、この素晴らしい岩手の環境の中で生活できることは、誇れることであり、また、そのことは、私たちだけではなく、将来世代も実感できるものでなければならないと考えます。今を生きる私たちには、この素晴らしい岩手の恵みを享受することに感謝するとともに、先人が育み、守ってきた岩手の環境を将来にきちんとバトンタッチしていく責務があると考えます。
 しかしながら、世界的に地球温暖化問題が深刻化する中、本県においても平成19年の二酸化炭素排出量は平成2年比で0.9%増加しています。また、一般廃棄物についても、ここ数年は減少しているものの、平成20年度の県民一人あたり排出量は、10年前の平成10年度と比較した場合、約80グラム増加しています。さらに、シカ・カモシカによる農林業被害、ツキノワグマによる人身・農作物被害が発生するなど、人と野生動物とのあつれきが発生しています。
 このような状況にあって、私たちが将来世代に対する責任を果たしていくためにも、今後10年の本県の環境行政の基本的な方向を定める新しい環境基本計画は、非常に重要な意味をもつものと考えます。

(1) そこで知事にお伺いしますが、こうした環境問題の現状を踏まえ、どういった部分に力を入れて、今後の環境行政を進めていくつもりなのか、お考えをお聞かせ願います。

次に、施策内容についていくつかお伺いします。
(2) まず、低炭素社会の構築についてです。現環境基本計画では、二酸化炭素排出量を平成2年比で8%削減することを目標にしていますが、先程も申し上げたとおり、現実的には、二酸化炭素排出量は0.9%増加しています。このような中で、新しい環境基本計画では、平成2年比で温室効果ガス排出量を25%削減する目標値を掲げています。そこでお伺いしますが、この目標値の設定及び目標達成に向けた取組の考え方について、お示し願います。

(3) また、先日開催された「いわて環境王国展2010」で、古着のリユースについてのお話しを聞き、私も改めてリサイクルの重要性を認識したところです。本県のリサイクル率は、ここ数年は18%前後で伸び悩んでおり、東北では高い状況ですが、全国平均は下回っています。こうした中で、どのようにして、廃棄物の発生抑制、リサイクルを推進していくのか、お考えをお聞かせ願います。
by aozora-keiko | 2010-12-03 18:11