人気ブログランキング |

吉田けい子の青空ネット~いつもココロに青空を。LOVE&blueSKY~ aozoranet.exblog.jp

岩手県議会議員吉田けい子公式blog。〜岩手の未来を私たちの手で〜持続可能な社会創り。森とトレイルと馬っこと猛禽類が大好き。特技わんこそば最高130杯。いつもココロに青空を。LOVE&blueSKY


by aozora-keiko
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

「次の日は倍に笑おう!」大槌小学校6年生の作文に涙〜2月定例会始まる

ブログ更新を怠っておりました。。。
HP、ブログ、Twitter、Facebookと、、、たくさんのインターネットによる情報発信。
最近全く使いこなせておらず、、、バランス良く出来ていなく、大反省です。。。(><)

さて、今日から2月定例会が始まりました。
来年度予算審議もあるので、来月3月の25日までなり、長丁場の議会が始まりました。

今日は知事と教育委員会委員長の演述がありました。

教育委員会委員長は演述の中で、ある子どもの作文を引用しながら、次のように話されていました。

(省略)
 ここで、大槌小学校6年の◯◯くんが書いた、「次の日は倍に笑おう」という作文の一節を紹介します。
 震災により、父と祖父母を亡くし、葬式で涙を流す彼に、「◯◯、我慢しなくてもいいんだよ。いっぱい泣いていいんだよ。」と声をかけてくれた母、その言葉に救われた彼は、その時母にかけてあげられなかった、「おかぁ、おかぁも泣いていいんだよ。ぼくがそばにいるからね。」という言葉を思い浮かべ、母が辛いときは、今度はぼくが気持ちを軽くしてあげる番だ、とつづっています。
 また、ミニバスケットボールや郷土芸能の雁舞道七福神に夢中になる自分を、辛い顔を見せることなく、支え、応援してくれる、働き者の母に「ありがとう」と感謝の言葉をつづっています。
 そんな彼と母親には、震災後、2人で決めたことがあります。
 「もしも泣いたら、次の日はその倍笑おう。
 作文は、
 「ぼくは、働いている母の助けになりたくて、毎日洗濯物をたたみ、米を研いでいます。ぼくは、母がとてもとても大好きです。震災で2人になってしまったけど、泣いてもその倍笑い、力を合わせて生きて行きます。」
と結ばれています。
 小さな胸に大きな傷を負いながらも、強く生きようとするたくましさ、働き者の母を支えるやさしさを感じます。
 辛く苦しい震災でありましたが、岩手の子ども達は、その経験から、人の力になり支えになりたいと思う心を持ち、力強く夢や希望に向かって進んでいこうとしています。
 そのような子ども達がきっと復興後の岩手の明るい希望となることでしょう。
(省略)


泣いたら、次の日は倍笑おう
彼のその言葉を聞き、最近の自分がとても情けなくなりました。
とても恥ずかしくなりました。
「私、何をやってるんだろう」って。
最近、仕事などがうまく行かなかったり、体を壊したりする自分に、落ち込み、嘆いてばかりだった。
がある事への感謝の気持ちを忘れてしまっていた自分に心から反省です。

子ども達にはいつもいつも学ばさせる事、気付かされる事が本当に多い毎日。
311からもう少しで3年が経ちます。
生かされていることへの感謝の気持ちを忘れずに、改めて気を引き締めていこうと思った、2月定例会の初日でした。
by aozora-keiko | 2014-02-18 17:30