人気ブログランキング |

吉田けい子の青空ネット~いつもココロに青空を。LOVE&blueSKY~ aozoranet.exblog.jp

岩手県議会議員吉田けい子公式blog。〜岩手の未来を私たちの手で〜持続可能な社会創り。森とトレイルと馬っこと猛禽類が大好き。特技わんこそば最高130杯。いつもココロに青空を。LOVE&blueSKY


by aozora-keiko
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

大人も子どももそれぞれの『好き』を大切に〜県立美術館〜

大人も子どももそれぞれの『好き』を大切に(*´꒳`*)

『ボクはこれが好き。けいちゃんはどれ?』
ある絵を観ながらそう私に言うので理由を聞くと、『なんかキラキラしてるから』と。
実はこの絵、例えば金色のように、キラキラしているような色を使っている絵では決してなかったけれど、エイトマンにはキラキラしてみえたみたい。大人の先入観はいけませんね。なんだかすごくホッコリしちゃいました♡
その感覚をこれからも大事にして欲しいなって思いました(*´꒳`*)

昨日の夕方、エイトマンとデートで『エリック・カール展』を観に、県立美術館へ行ってきました。
終始無言で眺めて観ているので、つまらなかったかなあって最初は思っていたけれど、実は、小学1年生なりの感覚でたくさんの感想を持って帰ってきてくれたみたいでした。
帰宅後は家で早速、色んな色を使って絵を描いていました(〃ω〃)

特に最近の県立美術館は、秋の『花森安次の仕事』、そして今期の『エリックカール展』と、私にとってはとても魅力的な企画展でした。

岩手県立美術館も、もちろん公的な資金によって運営されているので、財政が逼迫するにつれ補助金の削減がおきます。
美術館も行政評価・事業評価などを行うことが求められ、その存在意義を、観客動員数や、売上げなど、数値化されたもので示す傾向が益々強くなってきます。
公立の美術館の場合、「税金が投入されているのだから“多数の市民”に有用なものを」と言われてしまいがちですが、人それぞれ好みや価値観があるので、世界的に有名なものだけが価値あるものと判断されるのではなく、うまく表現できないのですが、一人でもそれを必要と感じる人がいれば、それは人のために存在する価値はあるはずなんですよねきっと。

美術や芸術は、万人に開かれたものだけど、一方で個人的なものでもありますもんね。
万人が良しとするものもあるけれど、多くの人が評価しなくても、誰かにとってはかけがえのない大切な作品となるものもあったり、一人の人が好きだな、とか大切だなと思うこと、それだけでその作品には価値があるんですよね(*´꒳`*)

限られた資源の中、岩手県立美術館も頑張ってますね。
大人も子どももそれぞれの『好き』を大切に〜県立美術館〜_b0199244_20154067.jpg

最近私と一緒に写るのが恥ずかしいみたい(*´꒳`*)

大人も子どももそれぞれの『好き』を大切に〜県立美術館〜_b0199244_20154271.jpg
大人も子どももそれぞれの『好き』を大切に〜県立美術館〜_b0199244_20154467.jpg
大人も子どももそれぞれの『好き』を大切に〜県立美術館〜_b0199244_20164903.jpg

お土産にコレがどうしても欲しかったらしい(*´꒳`*)

石類やキラキラするガラスのような素材が大好きで、石図鑑を熟読するほど(*´꒳`*)

大人も子どももそれぞれの『好き』を大切に〜県立美術館〜_b0199244_20165197.jpg

はらぺこあおむし完成形(*´꒳`*)

大人も子どももそれぞれの『好き』を大切に〜県立美術館〜_b0199244_20154605.jpg

想像することを大切にした先入観抜きの色づかいに胸キュンし、今回私が購入した本(*´꒳`*)

大人も子どももそれぞれの『好き』を大切に〜県立美術館〜_b0199244_20154775.jpg

前回の企画展。『花森安治の仕事』

私もファンで読んでいます(*´꒳`*)

大人も子どももそれぞれの『好き』を大切に〜県立美術館〜_b0199244_20183707.jpg

忙しくても気持ちを丁寧に持ちながら生活したい、そういつも思い出させてくれます(*´꒳`*)


by aozora-keiko | 2017-12-02 20:14