人気ブログランキング |

吉田けい子の青空ネット~いつもココロに青空を。LOVE&blueSKY~ aozoranet.exblog.jp

岩手県議会議員吉田けい子公式blog。〜岩手の未来を私たちの手で〜持続可能な社会創り。森とトレイルと馬っこと猛禽類が大好き。特技わんこそば最高130杯。いつもココロに青空を。LOVE&blueSKY


by aozora-keiko
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

いわての農村と伝統を守り育てる 〜いわてのウール i-wool 〜

これまで廃棄されてきた県産食用羊の毛を利用したホームスパンやストールなどの小物作品。
岩手県では、今年度からいわてのウール「i-wool」としてのブランド化に取り組んでいます。
先日まで盛岡市のshop+space ひめくりさんで開催されていた展示販売会に私も見に行きました。

遠野市の名物にジンギスカンがありますが、
昔は、羊はあくまで「毛」の供給源で、秋になれば1年飼育した羊を処分して、家族みんなでありがたくいただくという文化があり、今では食肉事業に発展していますが、羊の飼育をスタートさせたのは、肉の生産が目的ではなかったのだそうです。

いま農村は、農家の高齢化や少子化という問題にさらされています。休耕地や荒廃農地が目立つようになりました。
放っておけば雑草だらけになってしまう田んぼも、羊を放てば草を食み、おのずと雑草は減ります。その延長線上には、田畑の景観が守られるというメリットもあります。高齢化の進む農家の労力を省きながら、羊を手段にした「草刈り」と「農村景観の保全」をテーマに掲げた取り組み。
いわて羊(ラム肉)を美味しく提供してくださるシェフの皆さんのご協力も。

県内のホームスパン工房や作家さん達が、今までは未利用だった羊毛に、新たな価値を生み出してくださっています。
ホームスパンという岩手の手紡ぎ手織り技術や地域の文化や誇りの継承、そして、持続可能ないわての農村を守り育てていく取り組みのひとつとして、これからも応援していきたいと思っています。
農家さんに工房や作家さんなどが加わることによる相乗効果は高いと期待しています。

Homespun Meeting もりおかも合わせてぜひご覧ください(*´꒳`*)
b0199244_15373161.jpg
b0199244_15373252.jpg
b0199244_15373487.jpg
b0199244_15373577.jpg
b0199244_15373669.jpg
b0199244_15383951.jpg
b0199244_15400695.jpg
b0199244_15384179.jpg


by aozora-keiko | 2019-03-19 15:36