人気ブログランキング |

けい子の青空ネット~岩手の未来を私たちの手で~ aozoranet.exblog.jp

岩手県議会議員吉田けい子公式blog。〜岩手の未来を私たちの手で〜県政初30代女性県議から県議初の任期中の妊娠出産を経て母ちゃん議員となりました。特技わんこそば最高130杯。いつもココロに青空を。LOVE&blueSKY


by aozora-keiko
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

妊孕性温存治療助成・医療用ウィッグ購入費補助〜がん患者や家族への支援

生涯で2人に1人ががんに罹患するとされています。
がん患者やその家族に対する支援として
●今年度から岩手県でも「妊孕制温存治療(*)」に対する助成制度(国庫補助)が開始されます。
●また令和2年度から開始された「医療用ウィッグ」購入費への支援は、
R2年度から実施中の
花巻市、北上市、一関市の3市に加えて
R3年度から
盛岡市、宮古市、遠野市、陸前高田市、釜石市、二戸市、奥州市、滝沢市、雫石町、金ヶ崎町、平泉町、住田町、普代村、野田村の14市町村で実施予定です。

妊孕性は、女性にも男性にも関わることです。
妊娠するためには卵子と精子が必要となり、卵巣、子宮、精巣などが重要な役割を果たしています。がんの治療では、それらの妊娠に関わる臓器にがんができた場合だけでなく、一見妊娠と関係のないような臓器にがんができた場合でも、生殖機能に影響してしまい、妊娠するための力が弱まったり、失われたりすることがあります。
がんの治療の進歩によって、多くの若い患者さんもがんを克服できるようになってきています。そして近年では、将来自分の子どもをもつ可能性を残すために、卵子や精子、受精卵を凍結保存する「妊孕性温存」という選択肢も加わってきました。
この治療は、不妊治療と同じような過程を経るので、
学校でのがん教育をはじめ
社会の理解促進や
治療と学業や仕事との両立支援が必要不可欠です。
妊孕性温存治療助成・医療用ウィッグ購入費補助〜がん患者や家族への支援_b0199244_14422796.jpg

by aozora-keiko | 2021-04-06 14:42