人気ブログランキング |

吉田けい子の青空ネット~いつもココロに青空を。LOVE&blueSKY~ aozoranet.exblog.jp

岩手県議会議員吉田けい子公式blog。〜岩手の未来を私たちの手で〜持続可能な社会創り。森とトレイルと馬っこと猛禽類が大好き。特技わんこそば最高130杯。いつもココロに青空を。LOVE&blueSKY


by aozora-keiko
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

2016年 04月 22日 ( 2 )

『アースデイ』地球環境について考える日〜熊本地震からの復旧復興祈願と共に〜
earth day, april 22th

例えば、これまでは地域で決められていた電力会社としか契約できなかった電気。今年4月から電力自由化によって、既存の電力会社だけでなく、新たに参入する電力会社からも電気を契約できるようになった。発送電分離など課題はあるけど、それでも選択肢が増える事は前進なのかな。しかし、私たちの使うその電気からは様々なゴミが出る。原発の場合、高レベルの放射性廃棄物。原発再稼働の是非だけでなく、既に存在しているその巨大でかつ大量のゴミをどうしてゆくのか。子ども達に負の遺産をこれ以上押し付けるのか。その議論も忘れてはいけない。
今日4月22日は『アースデイ』。地球環境について考える日。自然との共存や生物多様性、持続可能な社会を、そして未来の子ども達にどんな日本を残していくのか。

今年に入って新しい植物や花が仲間入り。歯がゆい日々を送りながらも、忘れちゃいけないポイントをふと想い出させてくれる。
地球環境について考える日4月22日〜熊本地震からの復旧復興祈願と共に〜_b0199244_19044247.jpg

地球環境について考える日4月22日〜熊本地震からの復旧復興祈願と共に〜_b0199244_19044317.jpg



改めて、熊本地震により亡くなられた方々のご冥福をお祈りし、被災された皆さまに心からお見舞いを申し上げます。
by aozora-keiko | 2016-04-22 18:59
【平成28年熊本地震に係る岩手県の対応について】
(平成28年4月21日15時現在)

平成28年4月14日21時26分頃に熊本県熊本地方に震度7の地震が発生した後も、震度6強等の余震が継続していることから、4月16日4時30分に「平成28年熊本地震に係る岩手県情報連絡室」を設置、同日19時00分に『岩手県応援本部』に移行し、情報収集等を行っています。(岩手県総務部総合防災室)


4月16日04時30分 岩手県情報連絡室を設置。
16時03分 厚生労働省から県に対してDMATの派遣要請あり。本県からは、医大および胆沢病院から各1隊派遣。
19時00分 岩手県応援本部設置
21時09分 熊本県菊池市(遠野市の姉妹都市)から物資支援要請(※)が遠野市にあり、運搬手段をトラック協会に調整(トラック2台を確保済)※物資 遠野市準備:水2ℓ×1,000本 ブルーシート500枚、岩手県準備:水2ℓ×4,000本
4月17日02時35分 本県からのDMATが、大分県竹田市医師会病院へ到着(9時頃から活動内容の調整)
08時10分 菊池市からの物資支援要請にもとづき、県備蓄倉庫(北上市)で物資(水)を積載してトラック1台が菊池市に向けて出発。
09時15分 菊池市からの物資支援要請にもとづき、遠野市で物資(水等)を積載してトラック1台が菊池市に向けて出発。
4月18日23時00分 遠野市から出発したトラックは、菊池市体育館に支援物資を降ろした。
4月19日09時00分 北上市から出発したトラックは、菊池市体育館に支援物資を降ろした。
15時00分 災害廃棄物関係の事務処理等を支援するため、熊本県からの要請を受け、環境担当技監、防災消防課長ほか1名を4月20日から24日まで熊本県に派遣することを決定。
18時00分 熊本県教育庁から宮古水産高校を通じて支援物資の要請があったことから、県教委は支援物資を提供。(19日18時宮古水産高校のりあす丸が救援物資を積載し、宮古港を出港。21日、東京ビッグサイト側多目的埠頭で、熊本県立苓洋高校の熊本丸に積み込み予定。)
4月20日 10時00分  災害廃棄物関係の事務処理等の支援要員として環境担当技監、防災消防課長等3名が熊本県庁へ向け出発。
16時00分  県職員への救援募金の呼びかけを決定。(実施期間:4月22日(金)~5月20日(金))
17時45分 本県の災害廃棄物等の処理支援要員3名が福岡市に到着し、本県及び熊本県の福岡事務所で調整。
4月21日 11時15分  医療救護チームの活動状況
                               全国知事会からの要請に基づき(36班うちの1コ班)、医療救護チーム第1班として4月21日から27日まで、医師1名、看護師2名、薬剤師1名、業務調整員1名の計5名を県立中央病院から、熊本県内の避難所、救護所等へ派遣。第2班として4月26日から5月2日までの間は、県立中部病院から派遣予定。
11時20分 県の災害廃棄物等の処理支援要員3名が、熊本県庁に到着し業務を開始。
14時00分 阿蘇市へ10tトラック2台分の物資を輸送開始。到着予定 4月23日(土)夕方
(4月22日 9時50分)本県の建築物応急危険度判定士(建築住宅営繕課長以下6名)が出発。(活動期間4月23日(土)~4月25日(月)及び4月26日(火)~4月28日(木))  

★本県ICAT(いわて感染制御支援チーム)の活動状況
4月18日、日本環境感染学会から本県のICATに対して、避難所の衛生管理状況を把握するため派遣要請があり、4月22日から25日までの間、医療関係者3名を派遣予定。

★DMAT(災害派遣医療チーム)の活動状況
(1) 岩手医大チーム(4月17日~4月18日)と胆沢病院チーム(4月17日~4月19日)は活動を終了し、本県へ帰還。
(2) 統括DMATの活動
4月21日~24日まで、岩手医科大附属病院から統括DMAT2名を医療救護支援のため熊本県災害対策本部へ派遣。

★被害状況(4月21日 13時00分現在 消防庁調べ)
(1)人的被害
死者58名、重傷者220名、軽傷者935名
(2) 物的被害
全壊1495棟、半壊1381棟、一部損壊2347棟
(3) 火災 14件
by aozora-keiko | 2016-04-22 16:44