吉田けい子の青空ネット~いつもココロに青空を。LOVE&blueSKY~ aozoranet.exblog.jp

岩手県議会議員吉田けい子公式blog。〜岩手の未来を私たちの手で〜持続可能な社会創り。森とトレイルと馬っこと猛禽類が大好き。特技わんこそば最高130杯。いつもココロに青空を。LOVE&blueSKY


by aozora-keiko
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

<   2012年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ブラジルと言えば?
そう、リオのカーニバル。

カーニバルっていうと、皆さんはブラジルを思い浮かべるかもしれませんが、私がボランティア活動していたボリビアにも、カーニバルってあります。
私も踊りました(^-^)v♪
楽しくて踊り過ぎて、足首をねん挫するほど。。。(^-^;
何事にも一生懸命な私ってことで。。。

話は本題へ戻って。

6月20日~22日までブラジルのリオデジャネイロで、世界から約130カ国の国家元首や首脳が参加する国連持続可能な開発会議(UNCSD)いわゆるリオ+20が開催されます。

リオ+20って??
首脳レベルが参加し、今後10年の世界の経済・社会・環境のあり方を議論する会議です。

今回のテーマは、
①持続可能な開発及び貧困撲滅の文脈におけるグリーン経済
②持続可能な開発のための制度的枠組み

環境と経済を両立させる「グリーン経済」、国内総生産(GDP)とは異なる「幸福度」や「自然の豊かさ」を考慮した貧困削減の新指標となる「持続可能な開発目標(SDGs」について、どのような議論となるか、世界の動きを注視しつつ、日本で、岩手で、盛岡で、都南で、そして津志田で、と、glocal(グローカル)な活動の参考にしたいと思います!


ブラジル開催ということで、
今日はアグロフォレストリー~森をつくる農業~について。

アグロフォレストリーとは、アグリカルチャー(農業)とフォレストリー(林業)が合成された造語です。

動画はJICAのものが解りやすいと思います⇒JICAアグロフォレストリーについて
b0199244_20155435.jpg


参考:
最近私が気になるフルーツのアサイーを扱う(株)フルッタフルッタさん


★★本日のエコポイント★★
紫波町さんの角2封筒
何がエコなのか解りますか?
ぜひ私も事務所の参考にしたいと思いました!
岩手県もこんな封筒どうですかね~(^~^)!!
b0199244_2033536.jpg

[PR]
by aozora-keiko | 2012-06-14 20:36
以前も告知しましたが、ぜひ皆さんどうぞ~!


◆◆◆――――――――――――――
第4の革命 エネルギー・デモクラシー いわて上映会

日 時:6月16日(土) 14:00-16:00
会 場:岩手大学農学部5号館2階 ぽらんホール(定員200名)
入場無料(当日カンパを募ります。カンパしていただいた方には映画のパンフレットを差し上げます。)
開 場 13:30
上 映 14:00-15:30
ミニフォーラム 15:30-16:00
パネラー 山田周生(バイオディーゼルアドベンチャー・フォトジャーナリスト)
高橋和良((株)バンザイファクトリー)
司会   伊藤幸男(岩手大学准教授)

主催 「第4の革命 エネルギー・デモクラシー」いわて上映会実行委員会
後援 いわて銀河系環境ネットワーク、岩手・木質バイオマス研究会


◆◆◆――――――――――――
 三井物産環境基金助成事業
「がれき廃木材の再資源化システムの確立と木質バイオマス社会構築」


テーマ:木質バイオマス利用推進の地域課題
    ‐林野庁平成23年度木質系震災廃棄物等の活用可能性調査の成果報告-(仮)
講  師: 相川高信氏(三菱UFJリサーチ&コンサルティング副主任研究員)

【宮古会場】
日  時: 6月19日(火) 15:00-17:00
会  場: 宮古地区合同庁舎 3階大会議室(宮古市五月町1-20)
参 加 費: 無料


【久慈会場】
日  時: 6月20日(水) 13:30-15:30
会  場: 県北広域振興局 6階大会議室(久慈市八日町1-1)
参 加 費: 無料

主  催: 岩手大学「がれき廃木材の再資源化システムの確立と木質バイオマス社会構築」活動
     (三井物産環境基金2011年度東日本大震災復興助成)
後  援: 岩手県、岩手・木質バイオマス研究会

※資料の準備の都合がありますので、下記問い合わせ先までお申し込みの上ご参加ください。
問合せ先: 岩手大学農学部共生環境課程 伊藤幸男(セミナー担当)
      e-mail: sachii@iwate-u.ac.jp Tel: 019-621-6280

◆◆◆―――――――――――――
 森林・林業白書説明会

日  時: 6月22日(金) 16:30~18:00
会  場: 岩手大学農学部総合教育研究棟7番教室
参 加 費: 無料
主  催: 岩手大学農学部森林科学コース
講  師: 福田 敦氏(林野庁企画課年次報告班)


◆◆◆―――――――――――――
森林エネルギーフォーラム2012in紫波


とき:6月21日(木)~23日(土)
主催:森林エネルギーフォーラム実行委員会
 紫波町、岩手県森林組合連合会、一般社団法人紫波町農林公社、
 環境エネルギー普及?、岩手・木質バイオマス研究会

第1部:21日(木)~林業再生と地域経済循環~
 紫波中央駅前オガールプラザ情報交流館1F市民交流ステージ
13:00~15:00 「アンドレアス・キール氏による基調講演会」
15:30~17:30 「パネルディスカッション」
 コーディネーター/岡田 秀二 氏(岩手大学農学部教授)
 コメンテーター/アンドレアス・キール氏
 パネラー/梶山 憲司 氏(元国家戦略室 審議官)
     石山 浩一 氏(?森林環境リアライズ 専務取締役)
     菅原 和博 氏(㈳紫波町農林公社 森林循環アドバイザー)

第2部 6月22日(金)~木質バイオマスエネルギー利用~
会場:ラ・フランス温泉館 ホテル湯楽々 交流プラザ
 10:00~12:00「アンドレアス・キール氏による基調講演」
 13:30~15:00「パネルディスカッション」
 コーディネーター/伊藤 幸男 氏(岩手・木質バイオマス研究会)
 コメンテーター/アンドレアス・キール氏
 パネラー/梶山 憲司 氏(元国家戦略室 審議官)
      深澤 光 氏(岩手県盛岡広域振興局林務部林業振興課長)
      岩岡 重樹 氏(環境エネルギー普及? 代表取締役社長)
      山口 勝洋 氏(サステナジー? 代表取締役)

第3部 6月23日(土)~紫波にスイスの森人がやってくる!~
 10:00~15:00 会場:紫波町駅前オガールプラザ情報交流館
 ◇「スイスの森のおはなし」  お話:アンドレアス・キール氏
  10:00~11:30 1F 市民交流ステージ

※その他、情報交流館周辺でチェーンソーアートや、樹木を使ったクイズ、
小枝のリースなど様々な体験コーナーを開設します。
ぜひご家族みなさまでおこしください。
[PR]
by aozora-keiko | 2012-06-14 20:20
おばんです、皆さま、
(勝手に)いわて3R推進大使のけい子です。
最近は、古着でCO2削減環境王国いわてを目指そうと目論んでいます(^_^)v

さてさて、特に、盛岡市民の皆さ~ん!
先日、盛岡市環境部資源循環推進課さんから資料を頂いたのですが、盛岡市では先般「もりおか30万人のごみ減量化行動計画」が策定されました!!
http://www.city.morioka.iwate.jp/dbps_data/_material_/_files/000/000/004/704/gomi_koudoukeikakugaiyou.pdf

全体目標は、
平成28年度までに盛岡市全体でごみの総排出量を18%減らす!
家庭ごみ(資源ごみを除く)の排出量を20%減らす!
事業系ごみの排出量を30%減らす!

となっていますよ~。

なんとなんと!
ここからが皆さんに知って貰いたい情報ですが、
古紙やリターナルびん、缶などの資源物を売却することにより、市には平成22年度に約8700万円の収入があったそうですよ!
すごいね!
でも、もしかしたら、ほかの資源物を視野に入れれば、そして、もっとたくさんの人がリサイクルに取り組んでくれれば、もっと上を目指せるはず!!

盛岡市の中でも、特に、私の地元都南地区は、古着の回収も昔からやっているのですが、それが盛岡市全域で出来るようになって、良好な仕組みが出来たらな。。。とも考え中。


以下、ちょっと日経ビジネスさんより文章を抜粋させていただきますが、

現在、携帯電話やデジタルカメラなどの小型家電製品をリサイクルしてレアメタルや貴金属などを回収するための「使用済小型電子機器等の再資源化の促進に関する法律案」が国会で審議中です。

使用済み製品を回収しやすくするために規制の特例を設けるための法律で、規制緩和が実現すれば、これまでエアコンやテレビといった大型家電だけに限られていたリサイクルの輪が小型家電まで広がる可能性があります。

家電製品だけではありません。
食品や容器包装の分野でもリサイクル政策に関連した大きな動きも。

実は、2012年は「リサイクルイヤー」と呼べるほど、だそうです。

食品リサイクル法では、外食などを除く食品関連企業にリデュース(発生抑制)の目標値を定めた告示が3月30日に公布され、4月から適用されています。
さらに、来年の容器包装リサイクル法改正を目指してた議論が、政府や関連業界を中心に進んでいます。
プラスチック製の容器や包装をリサイクルする際に、サーマルリサイクル(燃料としての利用)の位置づけを大きくするかが話題になっています。

と、なんとも、エコや3Rやもったいないを推進する私にはもってこいの2012年!ということです。
ので、引き続き、頑張りま~す(^-^)

そして、皆さん、ぜひ一緒に、「自然ココロも豊かないわて」を目指しましょー!
お願いします!!
[PR]
by aozora-keiko | 2012-06-11 22:08