人気ブログランキング |

吉田けい子の青空ネット~いつもココロに青空を。LOVE&blueSKY~ aozoranet.exblog.jp

岩手県議会議員吉田けい子公式blog。〜岩手の未来を私たちの手で〜持続可能な社会創り。森とトレイルと馬っこと猛禽類が大好き。特技わんこそば最高130杯。いつもココロに青空を。LOVE&blueSKY


by aozora-keiko
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
働く女性が希望どおり母乳育児を続けられるための労働環境の整備
 
先の県議会12月定例会において
『母乳育児と仕事の両立支援を求める意見書』
を作成し、
県議会の皆さんのご理解とご賛同を頂き
国へ意見書を提出いたしました。

議会事務局にもお願いして調べてみましたが、
家庭や育児と仕事の両立支援に関するものはありますが
母乳育児と仕事復帰の支援に関する国への意見書はこれが初めてのようです。

近年、出産後も働き続ける女性、早期に職場復帰する女性、また、母乳育児を望む女性の割合が増加しています。
厚労省の平成27年度乳幼児栄養調査によると、妊娠中の93.4%の女性が母乳で子育てすることを希望しています。
また、同調査によると、授乳期の栄養方法は、母乳栄養の割合が生後1か月では51.3%、生後3か月では54.7%となっており、いずれも10年間の調査と比較し、母乳栄養の割合が増加しています。混合栄養も含めると、母乳を与えている割合は、生後1か月で96.5%、生後3か月で89.8%と高い水準となっています。
出産後1年未満で働き始めた母親の母乳栄養の割合は49.5%となっており、10年前の26.7%と比較し、22.6ポイント増加し、働きながら母乳育児を行う女性が増えています。

母乳育児を行う・行わない、どのくらいの期間行うということは、リプロダクティブヘルス・ライツ(性と生殖に関する健康と権利)に含まれ、国においては、男女共同参画基本計画において、生涯を通じた女性の健康について、リプロダクティブヘルス・ライツの視点の重要性を謳っています。

しかしながら、
出産後1年未満で職場復帰している女性の多くは、職場で搾乳できる場所や母乳を保存する設備がなく、不衛生なトイレで搾乳したり、また、職場と保育所が離れていて直接授乳できず、職場復帰後、母乳育児を断念している現状があります。
 
搾乳器などを販売する(株)メデラ(東京都)が実施した調査では、産後1年半未満で復職した515人のうち、職場での搾乳経験がある人は15%。
場所は、「トイレ」が58%で最多、「搾乳室」は5%にとどまります。「搾った母乳を保存したい」人は半数を超えていますが、多くがトイレで捨てざるを得ない実態も浮かび上がっています。
母体にとっても、長時間母乳を出さないと乳房が張り、乳腺炎の要因になったり、手術が必要になったりする場合もあります。出さないと母乳が作られにくくなることも分かっています。
欧米や台湾などでは、授乳(ミルクを含む)や搾乳のための時間やスペースを確保することは一定の規模以上の企業に義務付けられています。
日本では、男女雇用機会均等法や女性の活躍など取り組んできていますが、母乳育児を支える労働環境が改善されることがないまま現在に至っているのではないでしょうか。

今回の意見書には、国に対して、
1、 働く女性の出産後の仕事復帰と母乳育児の現状と課題について、実態把握に努めること。
2、 職場復帰後に母乳育児が続けられるよう、衛生的でプライバシーが守られる場所での搾乳・保存が可能となるように職場環境を整備するなど、具体的な支援を行うこと。
3、 母乳育児の権利について、社会的理解の促進に努めること。
を要望しました。
 
ミルクも哺乳瓶も全く受け付けない
母乳育児をしながらの
産後6か月での仕事復帰の私自身の経験や
ほか早期復帰したママ友さん達のお話などから
今年の6月定例会の一般質問で取り上げたり、今回の国への意見書の提出となりました。
引き続き、皆さんのご意見などを頂きながら取り組んでいきたいと思います。

参考までに→
https://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201911/CK2019110402000173.html

写真は1年前の議会復帰の時のもの。
懐かしいです(*´꒳`*)
母乳育児と仕事の両立支援を求める意見書の提出_b0199244_15374925.jpg
母乳育児と仕事の両立支援を求める意見書の提出_b0199244_15412188.jpg


# by aozora-keiko | 2019-12-17 15:37
いわての美味しい『寒じめほうれん草』
関係者の方々のご努力で
今夏に岩手県で初の生鮮品での機能性表示認定!
目に良いルテインが豊富です👀✨
久慈市、洋野町、野田村、普代村の県北4市町村産。
いよいよ表示付きのものが店頭に✨

議会が終わったと同時に
風邪が悪化した息子の病院通いと看病。。
夜中は咳が酷くて何度も起きちゃうから
私もだいぶ寝不足😪
寒じめほうれん草たくさん食べて
目に栄養補給だ😂💖

皆さんもどうぞご自愛ください👀✨
いわての美味しい『寒じめほうれん草』〜機能性表示認定〜_b0199244_23062729.jpg
いわての美味しい『寒じめほうれん草』〜機能性表示認定〜_b0199244_23030150.jpg


# by aozora-keiko | 2019-12-14 06:25
「あかいりんご」プロジェクト
岩手が誇る400年の歴史ある南部鉄器。
若手職人の育成や技術の継承のための新しいチャレンジ!
岩手は美味しいりんごの季節ですが、
こちらのりんごちゃんへのご協力も、どうぞよろしくお願いいたします😊🍎✨



# by aozora-keiko | 2019-12-13 22:02
「あ!あくちょーさん!」
今朝の通園路の田んぼの中に
白鳥さん達を見つけて息子。
白鳥さん達との朝のご挨拶は最近の毎朝の日課。
だけど、ここ数日ずっと姿を現さなかったから、
どうしたかなあと私も寂しく思っていて。

息子が白鳥さんに「またねー!」の言葉に
またねーって上手に言えるようになったなあ~なんてしみじみ思っていたら
白鳥さんが「コー!」と返事をしてくれました。
息子と2人ニヤリ。

今日で12月議会が終わりました。
久しぶりに保育園のお迎えに行けました。
久しぶりに家族3人で夕ご飯を食べました。

当たり前のような光景。
当たり前のような親子の会話。
でも当たり前のことなど何一つないんだもんね。
すべてに感謝だね。

あくちょーさん、また明日ね!
「あ!あくちょーさん!」_b0199244_22194758.jpg

# by aozora-keiko | 2019-12-11 22:19
昨日12/10は、
東日本大震災津波復興特別委員会があり、
東日本大震災後に沿岸部から内陸部へ転居した子ども達への支援の現状について質疑しました。
心のケアを必要としている子ども達は、
東日本大震災後に沿岸部から内陸部へ転居した子ども達の中にもいます。
内陸部だとその存在が埋もれてしまってはいないか
気付きづらい環境にないか
被災した子ども達の内陸部と沿岸部での状況の違いや支援の在り方の違いなどもあるのではないか
そんな疑念から取り上げました。

県は内陸部にも災害公営住宅を整備しており、
最後の完成となる盛岡市の「南青山アパート(仮称)(令和2年度完成予定)」。
こちらにもある一定数の10代以下(未就学児含む)の子ども達が入居予定です。
内陸部には、盛岡市のほか
花巻市、北上市、遠野市、奥州市に
災害公営住宅があるほか
自立再建して転居している被災者の方々も多くいらっしゃいます。
また、
震災を体験していない震災後に生まれた子ども達の心の不安定も顕著だと言われています。

震災から8年9ヶ月。
まもなく9年を迎えます。
すべての子ども達の心の安全安心が確保されるよう
子ども達の安全基地となる家族へのサポートの在り方も含め
何が必要なのかさらに調査研究して取り組んでいきたいと思います。
震災から8年9ヶ月〜子ども達の心のケア〜_b0199244_13542588.jpg


# by aozora-keiko | 2019-12-11 10:28
私たちの命を支える食~種子条例策定へ~

国が主要農作物種子法を昨年4月に廃止したことを受けて、これまで多くの議員がこの課題について取り上げてきましたが、岩手県も県独自で種子条例を議員発議で策定することが決まりました。

ウチにはこの時期は
必ず津志田芋や黒平豆があります(写真)。
これは盛岡の伝統野菜(各地で古くから栽培・利用されてきた野菜の在来品種)ですが、地元の方をはじめ県内の私の友人知人には伝統野菜を作っている農家さんが多いです。
これまでの農林水産委員会で、種子条例廃止に伴い、岩手県の伝統野菜とそれを生産する農家さんを支援する取り組みについても取り上げてきましたが、これから策定する条例には、主要農作物に加え、伝統野菜も品目に盛り込むことを引き続き訴えていきたいと思います。

今日はこれから農林水産委員会です。
日米貿易協定が4日に承認されましたが、
私の懸念は
農業産出額の6割をしめる岩手県の畜産業です。
アメリカからの輸入の中心となる牛豚肉は値下がりにより消費者は恩恵を受けますが、
畜産農家はアメリカとの厳しい競争にさらされます。
まずは私たちが地産地消を心がけましょうね!
また、岩手競馬の薬物問題からの再開の課題などが議論となりそうです。
しっかり取り組みたいと思います。
私たちの命を支える食~種子条例策定へ~_b0199244_12302043.jpg


# by aozora-keiko | 2019-12-06 09:36
今年は台風第19号により、岩手県のりんご生産者さんも倒木や落果等の大きな被害がありました。
みんなで
岩手のりんごを買って食べて
りんご農家さんを応援しましょう(*´꒳`*)

県内各店舗では、岩手県産りんごを使ったスウィーツが提供されてます!
今日は私は
Epicerie Citron(エピスリーシトロン)さんのアップルパイ🍎😋💖

https://www.pref.iwate.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/020/640/apple_sweets.pdf

いわてアップル2weeks開催中_b0199244_11243475.jpg
いわてアップル2weeks開催中_b0199244_11243516.jpg
いわてアップル2weeks開催中_b0199244_11275995.jpg


# by aozora-keiko | 2019-12-05 11:23
県産材(市産材)を利用したデザインは⁉️
盛岡らしさ・岩手らしさは何処⁉️
年間を通じて活用される工夫はどこに⁉️
などなど
昨日県議会にも事業主体が決定した事・提案概要が示された資料を頂いたけど、あまり私はワクワクならず。。
これまでの私たちの県議会での議論は何処にどう反映されているのかな⁉️
PFI導入効果はどこかな⁉️


建設費に約88億円(市6割、県4割)、運営・維持費に年間1億5000万円。
建設費用を市と県が共同で負担するという全国初の試みで、経済的効果や社会的効果など、スポーツによる地域活性化(スポーツをしなくても人が集う仕組み作り)を推進する拠点のモデルとなるよう、出来ることを最後までやってみなくちゃ!!
せっかく作るんだから!!!
盛岡南公園への野球場整備_b0199244_07060038.jpg


# by aozora-keiko | 2019-12-04 22:26
岩手県普代村。
約2600人の村民の命と健康を、たった1人で守り続けている柾屋美緒先生が先ほどTVに‼️
「生まれ故郷の普代村を、無医村には絶対にしない!」との想いで奮闘されている。
いま先生のお腹には新しい命も👶✨
産後3ヶ月で復帰予定かぁ。
医師確保、応援体制、女性医師の支援などなど
しっかり取り組まなくてはと改めて。
普代村のたった一人の女医さん_b0199244_16232046.jpg
普代村のたった一人の女医さん_b0199244_16233145.jpg
普代村のたった一人の女医さん_b0199244_16233217.jpg


# by aozora-keiko | 2019-12-03 21:22

副議長就任お祝い会

今日12/1は
会派いわて新政会の仲間である中平均県議(久慈選挙区)の岩手県議会副議長就任お祝いの会に出席いたしました。
地元をはじめ県内外からたくさんの方々がお祝いにかけつけておられました。
今後ますますのご活躍を!そして引き続きのご指導を宜しくお願いします!

私は息子を連れて夫に運転してもらい久慈市まで。
夫の実家があるので
息子はおばあちゃん家で遊んでいて貰いました。
おばあちゃん家ではお利口さんにしていたようですが、、
風邪気味で体調イマイチだからか、帰りの車は暴れん坊で大変でした笑。
副議長就任お祝い会_b0199244_21490577.jpg

# by aozora-keiko | 2019-12-01 21:48