人気ブログランキング |

吉田けい子の青空ネット~いつもココロに青空を。LOVE&blueSKY~ aozoranet.exblog.jp

岩手県議会議員吉田けい子公式blog。〜岩手の未来を私たちの手で〜持続可能な社会創り。森とトレイルと馬っこと猛禽類が大好き。特技わんこそば最高130杯。いつもココロに青空を。LOVE&blueSKY


by aozora-keiko
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
明日628日(金)14時過ぎ頃〜

一般質問に臨みます。

県議会への傍聴をお待ちしております!

インターネット中継でもご覧になれます!

http://www.iwate-pref.stream.jfit.co.jp


・妊産婦への支援

・多胎児支援のあり方

・母乳育児と仕事の両立支援(授乳機会の権利)

・医療的ケア児の保育所小中学校への看護師配置支援

・保育所周辺の安全対策

・農業労働者の確保

・いわての森林づくり県民税

・ヘルスケア産業

・伝統工芸産業

・地域の活力につながるスポーツの推進

・盛岡南公園野球場(仮称)整備と周辺地域の振興

・岩手県動物愛護センター(仮称)

について質問します。

b0199244_06191812.jpg


# by aozora-keiko | 2019-06-27 06:19
今任期最後の定例会6月県議会が本日開会。
6月28日は最後の一般質問にも臨みます!
議会控え室にて、質問原稿の準備に奮闘中。
相変わらず思うように進まずだけど
笑顔で頑張ります٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

まずはいったん保育園のお迎えに急ごー!
b0199244_17025678.jpg


# by aozora-keiko | 2019-06-19 17:02

昨日6/6は、盛岡市と盛岡市議会より、令和2年度県・国予算に対する統一要望説明があり参加いたしました。

要望内容は、河川や道路、基盤整備が殆どです。

私からは、岩手医大の移転や盛岡南公園に予定の野球場整備に伴う西バイパスの南進(国道4号盛岡南道路)や周辺道路の整備状況と、子ども達の通学路の安全確保や保育所周辺の安全対策の取り組み等について懇談いたしました。

b0199244_12432795.jpg


# by aozora-keiko | 2019-06-07 12:43

新しく策定されたいわて県民計画(20192028)の初年度となる今年度。

昨日6/5は、今年度の盛岡広域振興局業務方針に基づく施策の推進についての懇談会に出席しました。

私からは、

・安心して子どもを生み育てられる環境づくりについて、子育て世代包括支援センターの設置状況や未就学児の遊び場(例:にこっこ@盛岡市、どんぐりっこ@矢巾町)の提供の状況

・盛岡南公園野球場整備に伴う周辺道路の整備計画状況

・自社開発型IT企業とスマート農業

・スポーツイベントやアクティビティ(特にトレイル、ランニング)を活用した外国人への観光振興

について質疑しました。

b0199244_10112678.jpg


# by aozora-keiko | 2019-06-06 10:11

息子がGW初日から高熱&嘔吐が続きアデノウィルス発症。

GW期間中はほぼ看病。

今度は私がGW明けにインフルエンザ罹患。

と思ったら息子もインフルエンザ罹患。

自分が高熱の時に乳児の看病ってシンドイですねー。

そして私は1週間経ってまた40度近い高熱。

咳も酷くなる一方で気管支炎と診断。

授乳中でも大丈夫な薬を処方して貰ったけど

熱が下がらず咳も全然止まらない日々が続き

再度別の病院を受診したらマイコプラズマ肺炎と。。

今週になり咳も落ち着きだいぶ回復しました。

40度近い熱が立て続けに出るともうホント体が無理ですね。。


息子も今週から3週間ぶりに保育園へ。

週の初めは、あまりに久しぶりなので慣らし保育の時のようにギャン泣きでしたが、昨日くらいからやっといつもの笑顔を先生に見せてくれるようになりました。


仕事を含めて、

途中になっていたり先送りになってしまっている事がたくさんあり、ご迷惑をお掛けしてばかりで心苦しく思っています。ごめんなさい。。

心配して下さった皆さん、本当に有難うございます涙。

仕事復帰や保育園開始から色々無理をし過ぎました。。

子どもが同じ月齢くらいで同じ頃に仕事復帰した周りのママさん達も、私と同じような状況のママさんばかりだったりして、この間、休日当番医のこと、病児保育のこと、時短勤務のこと、ワークライフバランスのことなど、学ぶ事、気づく事、疑問に思う事などもたくさんありました。

シンドイ時は全くそうは思えないけれど、これも経験値を積むには大事なんですねきっと!


そして、

息子はその間に今月で1歳になりました!

本当にあっという間だなあ。

GWは殆ど出かけられなかったけれど

予定していた泣き相撲大会にはなんとか出場!

行事さんをキョトンと見つめて堂々としていました(笑)

病み上がりで、写真はおすまし顔(笑)

一升餅を作って下さったサンファームさん、1歳でも食べれるケーキを作って下さったちひろ工房さん、どちらも見前中学校の先輩ですが、ありがとうございました!!


新しい時代の節目、令和最初の1ヶ月は、

色んな事が滞りましたが、すべて前向きに受け止めて、息子1歳に、母ちゃんも1歳になり、次へ繋がる糧にしていかなくちゃ!

b0199244_16444503.jpg


# by aozora-keiko | 2019-05-31 16:44

昨年9月に発生した北海道地震の際に、支援物資として受け取った乳児用液体ミルクが賞味期限前に破棄されていた事が解ったという報道があり、先日の岩手日報にも掲載されました(4月21日付)。

これに対して、「期限前の破棄はもったいない」、「資源を無駄にしない活用方法の工夫が必要」などのご意見が出ているようですが、もったいないという観点を最優先に乳児用ミルクの備蓄について各自治体で策定されるべきではないのでは、と私は思っています。他の防災グッズと同様に、万が一の時のための役割を期限までしっかり果たしてくれた、と捉えたいですよね。
災害時にも、母乳を飲ませている人には、授乳スペース確保など母乳が続けられる環境や、必要な人に必要な量の液体ミルクが届くようにすることが大事であって、個別のニーズに沿った運用方法や訓練も含めた乳幼児や妊産婦の防災対策について、どうあるべきか改めて見直しています。
日本では、賞味期限半年の紙パックタイプが今年3月から、賞味期限1年のスチール缶タイプが今月下旬から、店頭販売が始まったばかりなので、液体ミルクについて広く一般的な知識の共有や普及の必要性も感じています。
保育所への保管は有り?
母親(両親)学級や乳幼児健診での普及啓発は有り?
記事にはローリングストック方式を導入予定の自治体のことが書かれていますが、ローリングストック方式で期限の迫った製品を妊娠中の女性や母乳で育てている母親に試供品として提供すべきではないとしている国際ガイドラインも有ります。
平成25年に策定した「男女共同参画の視点からの防災・復興の取組指針」が、今年度中に改定が予定されていますので、内閣府の検討状況も注視しながら、災害弱者である赤ちゃんとお母さんを守る体制を整えていきたいです。

b0199244_15590641.jpg
.
.
.
最近、頭も体も思うように働かず、
何事も捗りません。。(/ _ ; )涙


# by aozora-keiko | 2019-04-26 15:59
子どもの遊び場について〜①盛岡市動物公園

子どもにとって『遊び』は、生活に不可欠なもの、生活そのものですよね。
遊びは、身体的・精神的・社会的そして情緒的な発達のための大きな力となるもので重要な役割だと思っています。

私も息子が生まれてから、県内の様々な施設に足を運ぶようになりましたが、子どもやその家族(親や祖父母など)にとってどんな遊び場があるべきかなぁ嬉しいかなぁという視点(いまは未就学児を持つ親としてが大きいかも)でいつも遊びに行っています。

公共施設の中で私たち家族が遊びに行く場所は、
① 盛岡市動物公園(@盛岡市)
② いわて子どもの森(@一戸町)
③ ヤハパークどんぐりっこ(@矢巾町)
④ 広域公園(@花巻市)
⑤ 森林公園(@盛岡市、滝沢市)
など。
水族館や海浜公園、科学館や美術館や博物館などもそのうちデビューしたいな。

今回は①盛岡市動物公園について。

動物園の魅力は、何といっても「ホンモノ」に触れられるところですよね。
ウチの息子は絵本が大好きで、絵本ではゾウさんやキリンさんを認識しているようですが、動くホンモノのゾウさんやキリンさんを初めて見た時、それが何なのかまだ良く理解してないみたいで、動物公園内のシャトルバスに描かれた動物の絵の方に『あ!あ!』と言って反応しますが笑。まだ11ヶ月だから仕方ないですね。

今や、動物の決定的瞬間をテレビやインターネットで手軽に見ることができる時代ですが、直にふれて感じる迫力、におい、声、大きさ、逆に小ささなど、ホンモノだけが持つパワーを感じることって大事ですよね。
そして、動物園の動物たちは、生きているからこそ日々変化し、何度訪ねてもまた違う驚きや感動に出会わせてくれます。

例えば、前回来た時は外にいたサイ。今回は、爪を怪我して療養中のため室内に居たので、飼育員さんの元、体を触らせて貰い、こんなに硬いんだなぁとか、結構迫力あるなぁとか(体重4トンだもんそりゃそうだよね!)。前回は鳴いてくれなかったイヌワシが今回は何度も鳴いてくれたり。

園内には、広い芝生もありお弁当持参でピクニックも出来るし、ローラー滑り台やアスレチックもあります。
今日はまだ見頃ではなかったですが、園内では桜も満喫できます。
山肌にあるので、園内を移動しているだけで坂を登ったり降りたり、私たち親世代は運動不足解消にもなります笑。
餌やりや飼育体験などもあります。
子どもはもちろん大人も楽しめる工夫が必要ですよね。

年間パスポートは、来園2回で元が取れちゃうので、おススメですよ〜!といいつつ、安すぎないかなぁと思ってます。。

現在、来園者の減少や、施設の老朽化に直面する盛岡市動物公園は、園内インフラの大規模な改修のため、今年いっぱいで1年間ほど休園することになっています。公営動物園運営に公民連携の手法を全国で初めて導入されます。
野球場を岩手県と盛岡市で整備するように、これからは様々な施設が県と市町村で取り組めると良いなぁと。
しばらく動物たちに逢えなくなるのは残念ですが、いま以上の有意義な楽しい動物公園になるよう期待しています!

皆さんのご意見もお待ちしています。
続く…
b0199244_00221652.jpg
人間でいうと80歳くらいだという40歳のサイのおばあちゃんとお話中です(*´꒳`*)
b0199244_00221789.jpg
園のスタッフさんによる動物の絵本の読み聞かせもあります(*´꒳`*)
b0199244_00222021.jpg
園内には広い芝生や桜並木も(*´꒳`*)
b0199244_00222284.jpg
やっぱりとりあえずやっときました(´∀`*)
まだ立てない息子を私が抱っこしているという舞台裏です😂笑

# by aozora-keiko | 2019-04-21 06:21
母校盛岡白百合学園同窓会の理事会代議員会に出席。
たくさんの学びがあり出逢いがあり
楽しくそして時に厳しく
ここでの充実した高校生活なくして
今の私は存在しなかっただろうなぁと
しみじみ懐かしく
卒業後もこうして
先輩方からたくさんの刺激も受け
感謝の気持ちばかりです(*´꒳`*)
小学校がなくなるのがただただ残念で。。

ルルドの丘にも桜があったなんて🌸
b0199244_16265092.jpg

# by aozora-keiko | 2019-04-19 16:26

ママフェスいわて2019

最近色んなママさんに出逢い
たくさんのパワーをもらってます。

例えば、
働きながら子育てをする毎日は、時間に追われてため息ばかりで自分を見失っていたというママさん。
でも、娘との時間は笑っていたい!と心の声に気づいて、それを受け入れてからは、
フルタイム勤務をしていても限られた時間を笑って過ごせるママに大変身したというママさんです。

心身疲れき切ってストレスまみれの過去だったというママさん。
今は、自分らしく楽しく生きる女性を増やすため、自宅サロンでリフレクソロジーを提供されていて、
自分を大切にしても良いと気づいた時から人生が大きく変化し、充実の毎日のママさんです。

お掃除が苦手で家事も分担、でも家族が大好きの専業主婦のママさん。
思い描く良いママになれなくて、イライラしたり怒ってばかりの自分を責めてしまう日々だったけれど、誰かのためではなく、自分のために行動したら、好循環が生まれたというママさんです。

どうしても周りと比べてしまいがちな日々だけど
ママになっても
自分らしく仕事をしたり
自分らしく育児をしたり
自分らしく生きること
そのまんまの自分で良いんだよって。

そんな気づきをして欲しいという想いのママさんが集まり、5月12日(日)にママフェスいわてが開催されます。

まだ小さいうちから保育園に預けて仕事をして
毎日バタバタ過ごす日々に
これで良いのかなあとか
色んなことを考えては葛藤する私も、
何度か打ち合わせに参加させてもらい、
毎回先輩ママさんから面白いエピソード付きで笑ってばかりでパワーをもらい、
私自身が色んな気づきをさせてもらっています。

そして何よりも
いつも仲良し大好きな妹が
結婚出産後に鬱になったり体調を崩したりしていた妹が
素敵なママ仲間と一緒にとにかく楽しそうにこのイベントを妹らしく企画運営している姿が何より嬉しい姉です。
皆さん、本当にありがとう(*´꒳`*)

たくさんの素敵な出店ブースもあります。
詳しくはママフェスいわて2019でご確認くださいませ♡
b0199244_14170936.jpg
b0199244_14171480.jpg


# by aozora-keiko | 2019-04-19 14:12
盛岡市猪去地区でトマト栽培をされている「株式会社いわて若江農園」さん。
代表の若江俊英さんは、民間企業に勤務後に盛岡へUターン、県内外での農家研修を経て、新規就農して10年。
夏秋栽培と冬春栽培を組み合わせたトマトの周年栽培をされています。
岩手県の園芸栽培は夏秋期が中心ですが、作業が集中する農繁期のみの短期間の雇用確保は困難な状況となっていて、安定的に雇用を確保するためには、周年栽培体制(1年を通じて商品がある)の構築が必要です。
また、雪国岩手県でこの周年栽培体制を構築するためには、積雪や強風に対して強度を高めた鉄骨ハウス等の高規格ハウスにおいて、作物の生育に適した環境を調製できる環境制御技術の導入支援も必要です。こちらでも昨年度から導入しています。

ご実家が農業ではないので全てゼロからの出発。
所得の向上、生産性の向上、経験の浅い新規就農者でも品質・収量を得るため、さらにはこれから農業を目指す新規就農者の研修受け入れなど、農業改良普及センターなどとも連携して、様々なことにチャレンジする精神に感服です。

今日は農林水産委員会で施設園芸作物の周年栽培についての現地調査でした。
私も普段良くスーパーで購入させて頂いている若江農園さんのトマト。
やっと伺えました(*´꒳`*)
b0199244_15192905.jpg
b0199244_15193214.jpg
b0199244_15193481.jpg
b0199244_15193916.jpg
b0199244_15194112.jpg
b0199244_15202356.jpg
b0199244_21542523.jpg


# by aozora-keiko | 2019-04-16 15:18